« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

よい、お年を…

Dscf3674
 もぅ大晦日・・・ sweat01
こちらは↑埼玉県こども動物自然公園のカピバラさん
陽だまりで、ぬっくしな様子 sleepy

今年は、ROCK'A'TRENCHの皆さまに
元気や活力をいっぱいもらい、とても楽しかった年でした
と同時に、仕事の重圧に不安がありながらも
山森さんパワーで乗りきれました heart02

ホント、山森さんに感謝な年でした clover

 “陽だまり”にお越しくださった皆さま
そして、コメントをくださった皆さま
ありがとうございました confident

 そして、どんなに忙しくても
仕事が重圧になっても、どこからともなく
「心配ないさぁー」‘大西ライオン’が聞こえ

 会社で、私が困り顔でいると…別の課の課長が
「ちっちゃいことは気にするな!それワカチコ、ワカチコ!」
と、笑わせてくれました smile
ふと、気持ちほぐれる言葉をかけてくれる人たちに感謝 clover
‘ゆってぃ’にも、ありがとう happy01

 BUMP OF CHICKENの皆さま&BUMPファンの皆さま
ROCK'A'TRENCHの皆さま&ROCK'A'FRIENDSの皆さま
カピバラさんファンの皆さま

来年、皆さまにとってさらに良い年になりますようにっ clover

      Dscf3658
                                     (2009.12.6札幌大通公園にて camera )

flair スチール哲平さーん
 宮古島では、とてもお世話になり、ありがとうございました confident
カオハガン島 wave 南国バカンス楽しんで来てくださーい yacht

    

 陽だまりで、ぬっくし・・・別アングルからDscf3676

お目覚めな様子 wink
Dscf3677

 

 

 

 

 

 

|

2009年12月27日 (日)

ベリテン歳末大感謝祭

 GOING UNDER GROUND notes “ベリテン歳末大感謝祭”
栃木県総合文化センター サブホール

9月のベリテンライブは、ROCK'A'TRENCHに
GOING UNDER GROUND
ファンモンやTHE BOOMなど
見どころたっぷりなライブでしたねぇ notesshine

その時点では…下半期唯一のGOING UNDER GROUND
ワンマンライブの告知があるも
「宇都宮、ちょっと遠いなぁ」と…
会場で発売していた先行チケットは購入せずにいました

一般発売分のチケットは、SOUL'd OUTとなりましたが
河野丈洋さんがソロ活動を開始すると知り flair
追加発売された、ステージサイド席のチケットをGet
宇都宮行きを決めたのでした。
天井の照明に手が届きそうな、3階席
ホントに、ステージの真横
ドラムセットも、演奏するお姿も、よく見えました

 “ベリテン歳末大感謝祭”約15分遅れで開始
GOING UNDER GROUNDの‘二大コンポーザー’
松本さんと河野さん、そしてキーボードの方が登場
松本さんはギターを、河野さんはバイオリン
まずは、アコースティックスタイルで
『センチメント・エキスプレス』『グラフティー』『ランブル』

ギター中澤さん、ベース石原さんがステージに
「待たせたなぁ…GOING UNDER GROUNDです」
「洋一さん、なき今…洋一さんの立ち位置出来るのは
あなた達なので、イイライブしようねっ」
さぁ4人のGOING UNDER GROUNDがスタート

今日は、「LUCKY STAR」ツアーファイナル日比谷野音以来の
GOING UNDER GROUNDのワンマンライブだそうで
イベントやフェスはあったものの
key.伊藤さん脱退以来、4人での初ワンマン

何気に・・・私、両方来てるじゃありませんか… dash
その2件+ROCK IN JAPAN FES.とベリテン
今年、4度目のGOING UNDER GROUNDライブ
+α…ジョンレノンライブでも、松本さんの歌声を
聴かせていただきました notes

“ベリテン”を名乗ってワンマン出来るのは、俺らだけだ sign03
GOING UNDER GROUNDは
ベリテンライブ唯一の皆勤賞 shine 強気で ok
『PLANET』『How do you feel?』『かいき』

イベントでは曲が限られちゃうから、今日は‘歳末大感謝祭’
普段やりたくても出来なかった曲をたっぷりやるよ!と…
ゲストに、トランペット&サックスの女性2人登場
ステージには7人体制に notes

まだまだ私、知らない曲がありますなぁ sweat01
その後、河野さんはバイオリン
石原さんはエッグマラカス?を持ちカフォンに腰掛け
石原さんが挨拶代わりにカフォンを鳴らすと
松本さんが「うるせぇんだよぉ」と
気の置けぬメンバーならでは
そして「音が出ないのでちょっと待ってねぇ」と
「なるほど、俺の手違いだ…
3階見えたでしょう…もぅ今日は丸見えだなぁ」と
松本さんがこちらを見上げてくれました

そのアコースティックスタイルで‘夕暮れ組曲’をと…
4曲披露

後半にはフェスでも、お馴染み
『ショート バケイション』『Holiday』で大盛り上がり typhoon

しっくりバラードが多く、かなり聴かせてくれました
本編のラストは『世界のまん中』

アンコールでは、中澤さんがグッズTシャツ(赤)
石原さんはグッズTシャツ(白)
松本さんは、サスペンダーを降ろし(本気モード)登場
河野さんは、オレンジ色に近いベージュの
銭形警部Tシャツだそうで…ルパン好き、とのこと
『トワイライト』『Heavenly』『STAND BY ME』
そして、歳末大感謝祭らしく…ダブルアンコール
松本さんは、グッズTシャツ(黄)で登場
宇都宮のライブハウスでのアンコールで
即興で出来た曲が元になっていると…
最後に届けてくれたのは『orion』

『orion』は、私の聴きたい曲リストのひとつ
最近は、『さかさまワールド』がお気に入り
今夜は、丈さんの『ラストダンス』は聴けなかったなぁ
大好きな『南十字』『ハミングライフ』は…今日も聴けず

 そういえば…今年…
GOING UNDER GROUNDの
ワンマンライブ(日比谷野音)で開け
GOING UNDER GROUNDの
ワンマンライブ(歳末大感謝祭)で
終わるんだなぁ…
    …間は、ROCK'A'TRENCHで混み合っておりましたが…

大満足な、今年の〆ライブとなりました。
「丈さーん!最後の最後で、3階を見上げてくださり
ありがとうございました clover

 clover 丈さんのソロアルバム「CRAWL」の購入‘松本屋’はこちら
             ブログオフィシャルホームページ

 sun sun sun sun sun

 明日の‘カウントダウンジャパン’
ROCK'A'TRENCHライブには残念ながら行けませんが
ROCK'A'FRIENDSの皆さま、楽しんで来てくださーい clover

  

  

| | コメント (0)

宇都宮『餃天堂』

宇都宮『餃天堂』
 宇都宮駅南口を出てすぐ
もちっと餃子『餃天堂』
「餃天堂セット」861円
焼餃子5個・水餃子3個・漬け物・中ライス


 勤務先の社長が9月、宇都宮に出張に行った時に
美味しかった!という餃天堂の餃子
その後、宅配冷凍餃子をお裾分けしていただき
とっても美味しかったので
いつか、宇都宮に行く機会があったら
行ってみたいなぁ…と、で!行ってきました!

もちもち、熱々ジューシーで、美味しかったので
冷凍餃子の宅配を、3箱注文!
さらに家でも、餃天堂の餃子が楽しめます。

この冬は、王将・満州・幸楽苑の餃子を良く食べ
にんにくパワー!
風邪知らずで過ごせております ♪

| | コメント (0)

ROCK'A'STOCK!20091226

BODYWILD presents ‘ROCK'A'STOCK !’
(Dick Dale & The Del Tones note‘Misirlou’が
                  流れる中スタート slate
 TOKYO FMからお送りしています
‘ラジオの中の音楽の祭典
             BODYWILD presents ROCK'A'STOCK!’
山:こんばんは、パーソナリティーは、私
  ROCK'A'TRENCHボーカル・ギターの山森大輔と
ヒロ:ギターの豊田ヒロユキです
山:イェーィ!!今日はですねぇ、今年最後の放送ということで
  『ROCK'A'STOCK!2009総集編』と題して
  お送りしたいと思います
ヒロ:番組の冒頭ですが・・・なんと!なんと!なんと!
  2010年の1月2日から‘FM大阪’でもROCK'A'TRENCHが
  聞けるようになりまーす!
山:やったーぁー!!(拍手)やったーぁー!!
ヒロ:時間は今までと同じ
  毎週土曜日夜8時半からです。これはねぇ・・・
山:今までは、関東オンリーだったですけれども
  こりからねぇ、大阪にも出てですねぇ
  まぁ、いずれ!全国制覇!!ということで!!
ヒロ:なるほど!なぜか?
  聞けない関西圏からのメールも多かったんで
山:爆裂多かったですけれども!
ヒロ:‘BODYWILDのグンゼのグンちゃん’が
  ぶんどってくれました(笑)
山:(笑)こうやってねぇ…
  各エリアのラジオ局が一個ずつ落していってねぇ
  目指すは、全国制覇!!
ヒロ:全国制覇!!
山:今日はねっ、キミら!
  関東のキミらと、俺ら二人っきりの放送は
  今夜が最後だからねっ、そういう気持ちで
  しっぽりとねっ、しっぽりとお送りしたいと思います 
  最後までお付き合い、よろしくお願いします

山:とうことでねっ
  まずは最初に僕らの新曲を聴いてください
  ROCK'A'TRENCHで「ビューティフル サン」

note ビューティフル サン/ROCK'A'TRENCH

CM

山:改めましてROCK'A'TRENCHボーカル山森大輔と
ヒロ:ギター豊田ヒロユキです
山:はいーBODYWILD presentsROCK'A'STOCK
  お送りしたのはROCK'A'TRENCHで
  「ビューティフル サン」でしたぁ
ヒロ:はい
山:はい今日はね2009年の総集編ということで
ヒロ:はい
山:1年を振り返りたいなと思っておりますけれども
  まぁー早かったね
ヒロ:そうですねもぉ暇で暇でしょうがなかったね、ほんとに(笑)
山:嘘つけ嘘つけ、休みくれ休みくれって
  毎日言ってましたからね
  2009年ほんと楽しいことたくさんあったね
ヒロ:うん、あった
山:ほんのちょっとだけ苦しいこともあったけれども
  それもあったからこそ、こういうあっという間だと思える
  1年があったんじゃないかと思いますよ
  この番組と言えば毎回カバーライブをやる
  これがですね、非常に重荷となっているという・・・
  ・・・ウソウソ(笑)
ヒロ:(笑)
山:これがね楽しみでね毎回やっているんですけれども
  今日はね、今まで演奏してきたライブ音源をね
  ちょっとね聴きながら、こぉ思い出なんぞを
  いっちょまえに語ってみようかなと思いますぅ
  名づけてこのコーナー
ヒロ:「いつもあっさり放送してるけどけっこう時間が
  かかってるんだぞ!このライブ音源・・・のコーナー」
  こんな感じですかぁ?

notes (The Royal Teens note 「Short Shorts」)〔BGM〕

山:バッチリだと思います
  ぶっちゃけますね今日はね
  そうだいつもいい演奏を毎回できていると思うので
ヒロ:だんだんやる回数がさ、最初は5・6回やるじゃん
山:はいはいはいはい
ヒロ:だんだんその回数が減ってきてさぁ
  自分のこの判定が甘くなっているという
山:そうそうそうそう(笑)
ヒロ:まぁいいよね
山:まぁいいですよね(笑)
  それだけね腕も上がっているということで
  ヒロは途中参加でレギュラーDJの座を
  獲得しましたけれどもね
  歴史を振り返ってみましょうか
ヒロ:はい

      ROCK'A'TRENCH スタジオライブカバーメドレー
notes (Bob Marley note 「REDEMPTION SONG」
                   
〔STUDIO LIVE〕)〔BGM〕

山:はいはいはいはいこれはですねぇ
ヒロ:これビックリした、俺これ弾いたことないよ
山:これはいないでしょぉこれは俺一人でやったときの
  ボブマーリーの「REDEMPTION SONG」っていう
ヒロ:俺はこんなしょっぱいギター弾かないけどねぇ(笑)
山:ウソつけこのやろぉ(笑)
  最高じゃないこの音色ぉ
  これはねぇいい曲
  これはね歌ってるの聴いたことないでしょ?
ヒロ:そうですねぇないっすねぇ
山:ウソつけぇ(笑)リハとかで歌ってんじゃんよぉ

notes (「Good Riddance -Time Of Your Life-」
                   
〔STUDIO LIVE〕)〔BGM〕

山:はい、そしてですねぇこれもまた一人時代
  グリーンデイの「Good Riddance -Time Of Your Life-」
  そしてねこれは歌いこんでる
  僕はあの若い頃、池袋の地下道とかでね
  弾き語りで小銭を稼いでいた時代があって
  あたかも自分の曲のように
ヒロ:うっとぉしいですねぇ
山:やってたので、そうとうね完成度が高い

notes ( Billy Joel note 「Piano Man」 〔STUDIO LIVE〕)〔BGM〕

ヒロ:キター
山:この虎舞竜かという
ヒロ:これ俺だぁ(笑)
山:ブルースハープの音きましたねぇ
ヒロ:いいじゃん?
山:いいよ、これいいんだよ
ヒロ:Bメロが高すぎてBメロを俺が歌ったという
山:サビをね
ヒロ:サビをね俺が歌ったんだね
山:ピアノの弾き語りなんかもめちゃめちゃねぇ
ヒロ:これ、いいんじゃないですかっ

notes (Michael Jackson note 「Heal the World」
                   
〔STUDIO LIVE〕)〔BGM〕

ヒロ:これはねマイケルジャクソンですね

山:いやぁー考え深い11曲もやったんだなぁ
  目玉コーナーとなりつつある
  いつやめてやろうかと思ってますけど(笑)うそうそ
  このねライブコーナーなんですけれどもね
  もちろん本日もやります!
ヒロ:はい、やりましょぉ
山:今日はね2009年の総集編ということでね
  我々の曲をやろうかなと思っておりますけれども
  アルバムにも入っている曲で
  「好きなんだBaby」という曲があります
  これの元となった元々ね弾き語りの曲だったんだけれど
  それをあーゆー風に打ち込みでヒップホップっぽい
  感じにした曲なんだけども
  それの元のバージョンをですね
  レイドバックバージョンをね
  リリースもしてるんだけどね
  これをねお届けしようと思いますよ
ヒロ:頑張りましょぉ
山:ROCK'A'TRENCHで「君の瞳と」

note 君の瞳と(好きなんだBaby laid back ver.)
              /ROCK'A'TRENCH 〔STUDIO LIVE〕)
    (ギターの音をハズしてしまった…山森さん)
山:あぁーごめんごめん
ヒロ:くいが残るね・・・

note 君の瞳と(好きなんだBaby laid back ver.)
              /ROCK'A'TRENCH〔STUDIO LIVE〕

山:はいお送りした曲は
  「君の瞳と、好きなんだBaby laid back ver」
  でございましたぁ、まさかの一発OK
ヒロ:そりゃそうだよぉ、早い
  これは誰に送った曲なの?
山:これは『ゆかちゃん』だね
ヒロ:(笑)
  カットでお願いします!カットもしくはピーでお願いします!
  リスナーの皆さんに向けてね歌いましたよ今日も
山:ヒロ:なるほどぉ
  まぁこういう感じでね来年も必ずね
  弾き語りというか
  実際演奏して俺らミュージシャンだからね
  歌にのっていろんなメッセージを伝えていきたいと
  思いますよ
  こんな曲やってほしいとか
  こんなアーティストを特集して欲しいとかあったらね
  どしどしメールも欲しいんですけれども
  どぉ?2009年が終わりに近づいてきて
  来年に向けて抱負とかねよく聞かれると思うけど
ヒロ:「現状維持」でお願いしますっ
山:こころざしヒクっ
ヒロ:テレビでねビビル大木さんが言ってた
山:大木さんぐらいになるとねぇ
ヒロ:なかなか深いなっていう
山:確かにそうかもしれない
ヒロ:ごめん!これしかないっ
山:僕らはねもうちょっと上がっていかないとという
  段階ですからね
ヒロ:そうですね、そういう気持ちの裏のそういう言葉ですから
  現状維持、頑張っていきましょぉ
山:頑張っていきますよ
  ということで一旦CM

CM

notes Don't Stop The Music/ROCK'A'TRENCH 〔BGM〕

山:BODYWILD presents ROCK'A'STOCK
  今聴いてもらってるのはROCK'A'TRENCHで
  「Don't Stop The Music」でございますけれども
  皆さんのメール紹介のお時間ががやってまいりました
  番組内でメールが読まれた方に毎週
  ROCK'A'TRENCHが選んだ
  グンゼBODYWILDのパンツをプレゼントしますぅ
  テーマはねあなたを元気にしてくれる
  ポジティブスイッチ
  例えばね、聴くとポジティブになれる音楽
  食べるとポジティブになれる食べ物とかね
  ここに行くとポジティブになるよというね
  あなたのポジティブになれるスイッチを教えてくれよ
  というそういうコーナーです
  じゃ今週の当選者の方、読んでみようか
ヒロ:はい
  (ポジティブスイッチ:読書をしているとき
   ミステリー小説のハラハラ感がたまらない
     ポジティブになれる本があれば教えてください)
山:なるほどねぇ
ヒロ:俺はねぇ本が全く読めない訳よぉ
山:そうなんだよねぇマンガしか読めないんだよねぇ
ヒロ:でさぁよくさ移動の新幹線とかでよく本読んでるでしょ?
山:俺とか畠山とかよく読んでるね
ヒロ:俺はさぁ趣味は読書って言えるまでって
  言わないけど、どうやったら本を読むことができるか?
山:あのね、この会話をね1年前にもしてる
ヒロ:(笑)
山:そしてそのとき俺はヒロに本を貸している
ヒロ:                   貸している
山:それをまだ返してもらっていない
ヒロ:       返してもらっていない
山:そして読み終わって・・・は・・・
ヒロ:ないんだなぁ
山:ないんだなこれが
ヒロ:じゃーわかった、いちばんのオススメをお願いします
  今日は
山:いちばんのオススメは、僕が人生でいちばん好きなのは
  「アルジャーノンに花束を」という
ヒロ:そのタイトルは聞いたことありますねぇ
山:でしょ俺がいつも言ってっから
ヒロ:映画もある?
山:映画もあるよ、映画まーまー
ヒロ:映画まーまー(笑)
山:ぶっちゃけ、小説いける
ヒロ:なるほどぉ、是非お願いします
山:続いてご紹介します
(ポジティブスイッチ:飼っている犬の散歩)
山:ペットはいいんだよねぇ
ヒロ:犬はいいよぉ
山:犬はいいんだよ
 ペチャッとなってる犬好きでしょ
ヒロ:大好き、パグとかフレンチとか
山:ブルドックも
ヒロ:ブルドックも大好き
山:女性もねそういう顔の人が好き・・・
ヒロ:はい聞いてない
山: …聞いてない(笑)
  というような感じでですね皆様のポジティブスイッチ
  どしどしメールをお待ちしております
  アドレスはstock@tfm.co.jp
  ストックのつづりはS・T・O・C・Kです
  ラジオネームと連絡先も書いて送ってちょうだい
  そしてですねあのーROCK'A'TRENCHがポジティブスイッチ
  って言ってくれるのは嬉しいんですけれどもね
  それ以外のやつ方がラジオ的に読みやすいぞ
  このやろぉってことでよろしくお願いしますぅ
ヒロ:更にBODYWILD presents ROCK'A'STOCKでは
  メルマガの配信を行っています
  詳しくはTOKYO FMの携帯公式サイトから
  ミュージックビレッジをチェックしてくださいね
山:そして我々ROCK'A'TRENCHライブがあります
  年内最後のライブが決まっております
  12月28日カウントダウンジャパン
  僕らはですね“MOON STAGE”14時半から
ヒロ:14時半
山:出番ということで
ヒロ:初めてですねカウントダウンジャパン年末のね
山:初めてということで超嬉しい
  いろんなアーティストにまじって1位を獲ります僕らが
ヒロ:そうですもう!決まっております
山:ありがとうございます(笑)
ヒロ:ありがとうございました
山:絶対見逃さないようにね遊びに来てください
  放送が終わろうとしてるんですけれども

notes  砂の風に乗って/ROCK'A'TRENCH 〔BGM〕

山:年末ってことでねみんな大掃除とか
  しているんじゃないでしょうか
ヒロ:大掃除にはうるさいよ、言っとくけど
山:大掃除にうるさい
ヒロ:あとはそれこそあれですよ
  BODYWILD presentsですよ
山:はいはいはいはい
ヒロ:下着を、でもほんとにねぇ
そういうことだから言うわけじゃないけど
下着とかってけっこぅ年始にかけて一掃するのけっこぅ気分がいい
山:新しい年が始まって気合を入れる意味でも
ヒロ:下着ゾーン全とっかえ
山:あっいいかも、すごくいいですからね
  今年もですねBODYWILD presents ROCK'A'STOCK
  お付き合いありがとうございました
ヒロ:ありがとうございました
山:来年もよろしくねっということでね
  大阪のね皆さんも楽しみに待っててちょうだい
  ということで、…っということでお送りしたのは
  ROCK'A'TRENCHボーカルギター山森大輔と
ヒロ:ギター豊田ヒロユキでした
山:皆さんよいお年をバイバイ
ヒロ:さよなら


BODYWILD presents ROCK'A'STOCK
グンゼBODYWILDの提供でお送りしました

                         

| | コメント (0)

2009年12月20日 (日)

ROCK'A'STOCK!20091219

BODYWILD presents ‘ROCK'A'STOCK !’
(Dick Dale & The Del Tones note‘Misirlou’が
                  流れる中スタート slate
 TOKYO FMからお送りしています
‘ラジオの中の音楽の祭典
             BODYWILD presents ROCK'A'STOCK!’
こんばんは、パーソナリティーを務めるのは
ROCK'A'TRENCHボーカルの山森大輔と
ヒロ:ギターの豊田ヒロユキです
山:はいっ、始まりましたぁー
ヒロ:こんばんは
山:あのねぇ、今日はですねぇ
  いつもは番組内でね、一人のアーティストを取り上げて
  そのアーティストのルーツとか魅力などを話しているこの番組
  ROCK'A'STOCK!なんですけれども
  今日はねっ、クリスマスも近いということで
  ちょっと早いですけどねぇ
  クリスマス特集をやりたいと思う!
ヒロ:あぁーそうですかぁ、おめでとうございまーす
山:ありがとうございます
ヒロ:おめでとうございまーす
山:まぁねぇこれは、事前にリスナーのみんなに
     クリスマスにあった‘うはうはエピソード’そしてですねっ
  ‘しょぼしょりーんエピソード’をですねっ募集いたしました
ヒロ:‘しょぼしょりーん’ってなぁに?
山:‘しょぼしょりーん’って言うのはね
  悲しいってことです!要するに
  リクエスト、曲とかねエピソードを
  たくさんいただいているのでね今日は紹介しつつ
  でぇ、僕らのこう…恥ずかしい胸キュンエピソードなんかねっ
  あろうものなら挿(はさ)みつつ、クリスマス特集ということで
  お送りしたいと思います
ヒロ:お願いします!
山:ちなみにヒロは、今年のクリスマスは
  どんな予定でございましょうか?
ヒロ:えぇーとですねぇ・・・そうだなぁ・・・
  どうしようかなぁ・・・・ゴメン・・・
山:(笑)決まってるんだろう?どうせ!!
ヒロ:なにが!!なにが!!
山:えっ!“おデート”でしょうが!!
ヒロ:おデート・・・行けますかねぇ・・・行こうと思えば・・
山:俺はたぶんブログ更新している
  去年ブログ10連続更新したからね
ヒロ:俺もそうしようかなぁ
山:mixiのほう、よろしく!
ヒロ:解りました
山:カラカラの二人がお送りしておりますが
  皆さまのこのエピソードでね、ホットにお送りしたいと思うので
  最後までお付き合い、よろしくお願いします
山:ということで、まずはクリスマス気分に
  こう…どっぷり浸るために
ヒロ:ラララ・・・
山:聴いてください
  Wham!で「Last Christmas」

note Last Christmas/Wham!

CM

山:あらためましてROCK'A'TRENCHボーカル山森大輔と
ヒロ:ギター豊田ヒロユキでーす
山:BODYWILD presents ROCK'A'STOCK
  お送りしたのはWham!で「Last Christmas」でしたぁ
ヒロ:とうとう・・・
山:一気に持ってかれるねぇこれね
  持ってく力がハンパない!
ヒロ:(笑)持ってく力がハンパない
山:とうとうきましたね今年もっていう気分になってきますわ
  俺くらいの年になるとジタバタしなくなる
  ただこの番組ではね、皆のメッセージでね
  ちょっとハカハカしたい
  ドシドシ皆さんのメールを紹介していきたいと思います
足立区・・・
 (学生の頃クリスマスにサンタの衣装でケーキ屋さんで
  バイトをしていたが、バイト中に自分自身がサンタになった
   ような気分になり幸せな気持ちになった。今となっては
   彼と過ごしたクリスマスより思い出深いという内容)

ヒロ:なるほどぉ
山:これはなかなかステキなねぇ
  ・・・の心の清さに旨を打たれたねぇ
ヒロ:そうだねぇ、これは意外とさぁ
  ケーキを渡しておきながらさぁ同じお店にね
  実は思いを寄せていてくれる人がいたりしてね
山:あーなるほどね
ヒロ:そういうのがあったらいいね
山:・・・え!?どういうこと(笑)ごめんもう一回
  もう一回聞かせて(笑)
ヒロ:同じバイト先の
山:うんうん
ヒロ:同じとこにまさかって人が
山:はいはい  
ヒロ:思いを寄せていいたしてくれていたりして
山:バイトしていながら
ヒロ:そうバイトしていながら
  でバイト終わったときに
山:終わった後に待っていたりとかしてね
  じゃ今日は帰ろうか、お店でケーキなんか
  もらっちゃったりしてね…
  僕がキミのサンタクロースに…

(二人の妄想話が続く・・・)

東京都八丈島・・・
 (高校生の頃先輩のライブに行く途中キレイな真っ赤な
   りんごをプレゼントに購入。ちゃんとしたプレゼントを
   あげられるような仲ではなかったが先輩が食べかけの
   りんごを食べる?と言われ食べかけのりんごを
   食べちゃいましたそれだけの話という内容)

山:あららら
二人:ヒュー!!
ヒロ:これはねぇ
山:間接フリーキッスですね
ヒロ:(笑)どっちも女性も男性もものすごく
  センスがいいですねぇ
山:いいねこれね、いやぁいいなぁうらやましい
  続いてね東京都タレント辺見えみりさんから
  メッセージいただいております
ヒロ:どーしたのぉ
 (クリスマスにあるデパートへ、10分で買い物を済ませ
   駐車場に戻ると愛車のフロントがボロボロ、前進をしては
   バックで愛車にぶつけるおばさんを発見。近寄ると
   「許してください、今日クリスマスだし・・・」
   と言ったおばさんの話)

ヒロ:(笑)いい話ですねぇ
山:下着くだしゃい・・・って書いてある(笑)
  いつもお世話になってねぇ
  ライブ来てくれたり
ヒロ:ありがとありがとぉ
山:はいそれじゃーね明るいクリスマスソング
聴いてもらいましょぅMARIAH CAREYで
「All I Want For Christmas Is You」

note All I Want For Christmas Is You(恋人たちのクリスマス)
                         /MARIAH CAREY


山:はいお送りしたナンバーはMARIAH CAREYで
  「All I Want For Christmas Is You」
  これはぁもぅアゲアゲだね
ヒロ:これもキターって感じするね
山:キターって感じ、持ってく力がハンパない
ヒロ:持ってく力(笑)
山:僕らからROCK'A'TRENCHからねリスナーの皆に対してね
  プレゼントのお時間がやってまいりました
  プレゼントって言ったってさぁ
  うちらはミュージシャン、バンドマンですよ
ヒロ:そうですかぁ、そう言ってもいいですか
山:言ってもいいですよ、いいと思います
二人:(笑)
山:まだそこで自信がないのかっオマエはっ
二人(笑)
山:ミュージシャンてことです
  クリスマスソングを作って参りました
  初披露だよもうこれ
  人前で演奏するの初めてだからね
  ぶっちゃけタイトル決まってない
  「クリスマスソング(仮)」というタイトルのね曲を
  みんなにねぇ作ってきたよ今日は
ヒロ:はい
山:じゃー聴いてもらおうかな
ヒロ:はい
山:ROCK'A'TRENCH「クリスマスソング(仮)」

note クリスマス・ソング(仮題)/ROCK'A'TRENCH〔STUDIO LIVE〕

二人:喜んでいただけましたでしょうかぁ
山:ねぇなかなか気に入った仕上がりになりましたよぉ
  さっきも言ったけどクリスマス
  恋じゃなくてもいいと思うんだよ
  いろんな愛する家族わいわい過ごす時期じゃん?
ヒロ:いいと思うけどクリスマスが終わった瞬間からさぁ
山:ああ年末に向けてのね
ヒロ:年末モードにサビ大サビ?正月きて
  イントロ戻っちゃうみたいな
山:はいはいはいはい
ヒロ:そういう感じがねネガティブな俺としては
  あんまり好きじゃない(笑)
山:みんなもいろんな人のエピソードを聞いて
  共感してもらったりね
  一応曲もねプレゼントしましたからね
  必ずハッピーなね熱いクリスマスを
  過ごしてくれると信じているよ俺はね
ヒロ:(笑)どういう目線どの目線
山:(笑)定まらなかったけどね
  ということでね皆さんメリークリスマス

note ビューティフル サン/ROCK'A'TRENCH

山:BODYWILD presents ROCK'A'STOCK
  今日もお別れの時間が近づいて参りましたぁ

notes Happy Xmas (War is Over)
               /John Lennon & Yoko Ono 〔BGM〕

ヒロ:はーい
山:ねっ、クリスマス特集ということで
ヒロ:うん
山:なかなかイレギュラーな
ヒロ:そうですね
山:スペシャル番組がお送りできたんじゃないかな
  聴いてもらってるのはJohn Lennonの
  「Happy Xmas (War is Over)」とう曲ですけれども
  どう?クリスマス
ヒロ:なんかさぁやったー!って感じじゃないよね
山:どういうことどういうこと?
ヒロ:何かさぁ、シュンとシューンとなる感じだよね
山:オマエだけだよ(笑)
ヒロ:オマエだけだよ、黙っとけぇほんとにこのやろー(笑)
山:どーしちゃった、どーしちゃった
  なんでそんなセンチメンタルなワケ?
  ぱーとやろうぜ、いいよじゃウチ来ていいよ
ヒロ:え?マジで?何するの家で
山:鍋しよー鍋、靴下とか入れちゃうの
  メガネとか入れちゃうの
ヒロ:野郎ばっかで
山:イヤホーンとか出てくんの
ヒロ:はい
山:はい
ヒロ:BODYWILD presents ROCK'A'STOCKでは
  メルマガの配信を行っています
  詳しくはTOKYO FMの携帯公式サイトから
  ミュージックビレッジをチェックしてください
山:はいでですね我々ROCK'A'TRENCHライブ
  年末最後のライブが12月28日に
  カウントダウンジャパンやるのでね
ヒロ:頑張ります
山:頑張ります、是非是非遊びに来てちょうだい
ヒロ:番組内でメールが読まれた方には
  毎週ROCK'A'TRENCHが選んだ
  グンゼBODYWILDのパンツをプレゼントします
  パンツが欲しい方はあなたを元気にしてくれる
  ポジティブスイッチをテーマにメッセージを送ってください
山:例えばですね聴くとポジティブになれる音楽
  食べればあっという間にポジティブになれる食べ物
  とかねここに行くとポジティブになれるんですよぉ
  みたいなのをねぇ番組に送ってきてちょうだい
  よろしくお願いします、たくさんのメール待ってるよ  
  アドレスはstock@tfm.co.jp
  ストックのつづりはS・T・O・C・Kです
  ラジオネームと連絡先も忘れず書いてちょうだい
  はい、とうことで今日はROCK'A'STOCK
  クリスマススペシャルということでお送りしました
  楽しんでもらえたでしょうかね
ヒロ:いいクリスマスが来るといいですね、みんなに
  僕はいいですから
山:鍋しよ鍋しよ(笑)
ヒロ:オーケー
山:オーケー、ということでお送りしたのは
  ROCK'A'TRENCHボーカル山森大輔と
ヒロ:ギター豊田ヒロユキでした
山:それではまた来週お会いしましょぅバイバイ

BODYWILD presents ROCK'A'STOCK
グンゼBODYWILDの提供でお送りしました

  

| | コメント (0)

ソフトクリームin 埼玉こども動物公園

ソフトクリームin<br />
 埼玉動物公園
 スジャータのソフトクリームは、全国あちこちにありますが…
埼玉こども動物公園のスジャータソフトクリームの
メニューはとても豊富で、どれにしようか迷います typhoon

今回は「北海道小豆ソフトクリーム」ソフトクリームin<br />
 埼玉動物公園
こしあんの味がしっかり、小豆入りで美味 delicious

pen 追記
2010年9月23日には
「黒蜜きなこ」がありました
ソフトクリームin<br />
 埼玉動物公園
きなこ味に黒蜜は…とても合いますねっ、美味でした delicious

| | コメント (0)

2009年12月15日 (火)

カピバラ温泉

Dscf3681_3
   埼玉県こども動物自然公園に
11月21日オープンしたばかりの『カピバラ&ワラビー舎』
14時から始まる“カピバラ温泉” spa
Dscf3685
午前中は静かだったカピバラ舎に、10分前には50人以上集結
一流テレビ局…テレビ朝日と、一流新聞社…読売新聞が
取材に来ていました camera

 14時、飼育係の女性が登場し、カピバラに草を与え
さらに続々と人が集まり、周りを取り囲む
カピバラが黙々ともっしゃもっしゃしている間に
Dscf3756 お湯の栓を開けると
好奇心旺盛な仔カピが待ちきれずお風呂にまっしぐら
Dscf3764 そして、次々にカピバラがお風呂の中に…半身浴?尻湯?
Dscf3771カピバラ7頭は、うっとり spa 温かそうに楽しんでおりました
Dscf3817
途中、飼育係の女性が柚子をいれ
しばらくすると、柚子のイイ香りが…ほんのり
よく見ると!柚子に白くカジったあとが…
カピバラさん…柚子をカジっちゃったんですねっ
Dscf3823 とてもかわいい、和み癒されるカピバラさんDscf3872気付くと一時間以上ながめておりました clover

 “ゆず湯”は12月23日まで、“カピバラ温泉”は
2月末まで楽しめるそうなっ spa

Dscf3861まだ“打たせ湯”ご利用のカピバラはいないそうですが
以前、NHKで長崎バイオパークのカピバラが
気持ち良さそうに“打たせ湯”に
動かずじっとしていたのを見たことがあり
カピバラの打たせ湯姿が見てみたい!
ぜひ、また見に行きたいなぁ heart04

読売新聞さんの情報によると、打たせ湯付きの露天風呂 spa
新カピバラ舎の総工費は、約1400万円となっ flair

ちなみに・・・“カピバラ温泉”とは言えど
温泉では無く、沸かし湯
温泉が掘り当てられたら、一年中“源泉かけ流し”に
したいですけどねぇ。。。と、飼育係さん smile

 

| | コメント (0)

ROCK'A'STOCK!20091212

BODYWILD presents ‘ROCK'A'STOCK !’
(Dick Dale & The Del Tones note‘Misirlou’が
                  流れる中スタート slate
 TOKYO FMからお送りしています
‘ラジオの中の音楽の祭典
             BODYWILD presents ROCK'A'STOCK!’
こんばんは、パーソナリティーを務めるのは
ROCK'A'TRENCHボーカルの山森大輔と
ヒロ:ギター豊田ヒロユキです
山:イェーィ!始まりました!
  あのねぇ、あのぅ、気をつけなけなきゃいけない!!
ヒロ:どうした?
山:熱が出ました!僕!!
ヒロ:おめでとうございます
山:40度出ました
ヒロ:大台に乗りましたねぇ…
山:インフルエンザじゃないのに、40度!!
ヒロ:インフルエンザじゃない、40は
  かなり珍しいんじゃぁないんですか?
山:あのぇねぇ…つーのも岡山大学に行ったじゃん
  うちら!ライブをしに…俺MCでさぁ
  のっけから、学生たちをあおろうと思って
  『おまえら!』みたいな感じで…
  『今日俺は五体満足で帰るつもりは
  さらさらねぇからな!!』
  その通りになったというね…
ヒロ:(笑)…言ってた
山:帰りの新幹線からね
  もぅガクガクガクガク震えちゃってねっ
ヒロ:そうかぁ  
山:家に着いたら、もぅホントねぇ…ヤバかったからねぇ
  2メートル先の体温計がねぇ…
  取れなかった…
ヒロ:(笑)
山:体温計取るのに4時間位かかったからねぇ
ヒロ:解る…解る…
山:今夜は熱く!お送りしていきますので
  是非是非お付き合い、よろしくお願いしたいと思います
ヒロ:お願いします
山:まぁ、ご存知だと思いますけど、我々ROCK'A'STOCK!
  えーこれはですねぇ
  今だからこそ聴くべき音楽をセレクトして
  皆さんに、お届けする番組でございます!
  さっそくいってみましょう…
  今日キミに届けるアーティストは、こちら!
  Michael Jackson(マイケル・ジャクソン)

山:イェーィ!“King of Pop”
  今年ねぇ、亡くなってしまいましたけど…
  惜しくも50歳の若さでねっ
  まぁ映画観た??『THIS IS IT』
ヒロ:映画ねぇ…うんーん…観てない
山:観てないんだよねっ(笑)
  俺ねぇギリギリねぇ、あのぅ観に行けたよ!
ヒロ:うそっ

山:すっげぇーおもしろかった、やっぱり!
  今日はねぇMichael Jacksonについて
  ググっと迫っていきたいと思います
  まず、1曲!えー俺がねぇ
  Michaelの中でも特に好きなこの曲、聴いてください
  Michael Jacksonで「Black or White

note Black or White/Michael Jackson

CM

山:改めましてROCK'A'TRENCHボーカル山森大輔と
ヒロ:ギター豊田ヒロユキです
山:えーBODYWILD presentsROCK'A'STOCK
  お送りしたのはMichael Jacksonで
  「Black or White」でございましたけれどもねぇ
ヒロ:はいっはいー
山:Michael Jacksonですよぉ
ヒロ:はい
山:知らない人も、まぁもしかしたらいるかもしれないだって
  あのね彼が子供の頃に‘ジャクソン5’という
  スーパーグループで
  既に10才にしてスーパースターだった訳ですよぉ
  歌と踊り芸術で人生を始めて人生を終えた人
  何がMichael Jackson凄かったっていうと
  かわいい子供達のグループから
  黒人音楽を黒人でありながらも捨ててね
ヒロ:うん
山:白人にも受け入れられる音楽世界
  ポップミュージックを作り出したっていうのがですねぇ
  彼はスゴイ訳です
ヒロ:なんか・・・難しい、難しい話をしてますねぇ
山:(笑)何ひとつ難しくないよぉ
  でMichael Jacksonになってからさぁ
  彼はまたひとつスゴイのがぁ
  PVというものの概念を変えた
ヒロ:うーん
山:なんかねぇ…ただの音楽の宣伝の資料だけじゃなくて
  小さい映画みたいな
  実際後にのちに映画監督として活躍するような人を呼んできて
  ホラー映画じゃないか!と思うぐらいの
  面白いやつを作った
  それがまさしく「スリラー」つぅー曲だったんだけど
  そういう彼の確信的なねPVの作り方が
  MTVにね黒人のビデオがね
  本格的に流れ出すきっかけともなったともね
  言われている訳でございますよぉ
ヒロ:ナナメ立ちですねぇ
山:ナナメ立ちですね?
  (笑)確かに確かに、あれもカッコイイよね
  そしてねぇマイケルはねぇ
  すごくヒットソングを飛ばしてスターになっただけじゃなくてね
  社会的なねぇ役割を担いたいなと思うようになり始めてね
  「We Are The World」聴いたことあるでしょ
ヒロ:ありますぅ・・・
山:「We are the world♪」なんて
ヒロ:はい
山:こぅ、あーやって世界中の子供達とかね、貧困に対してね
  何か音楽と芸術で立ち向かえるんじゃないかみたいなね
  そういうねぇ、曲もたくさん書いていたね
  ただのポップスターだけじゃないぞ!という
  奥深いね人間性を持っている訳ですよ
ヒロ:なるほど
山:こういうアッパーな踊りまくりのターンしまくりの
  このヒー!ハー!みたな
ヒロ:ヒーハー?(笑)
山:が、マイケルジャクソンだと思ったら大間違いでね
  めちゃくちゃ美しいバラードも書ける男なんだよね
ヒロ:うーん
山:そぅ、そんなねぇ彼の美しいバラードの中でもねぇ
  今日は、僕がものすごい大好きなね曲を歌っちゃおうかなと
  僕らが歌うことでマイケルの魅力をあらためて
  皆さんに伝えたいなぁと思ってね
  またこの弾き語りコーナーがやってきましたけれども
  今日お送りする曲は「Heal the World」
  えーと癒すって意味ですね
  世界を癒そうと、癒し系ソングですけれども
ヒロ:スゲーこと言いますねぇ
山:君と僕の、みんなが楽しく過ごせるように
  この世界をもうちょっとだけ、ちょっとだけいい場所に
  していこうよ毎日少しずつみたいなね
ヒロ:そういうこと言えますかね?
山:(笑)まだちょっと早い・・・
  まだ自分のことで精一杯ですからね
  ちょっとねぇ今日はその歌を心を込めて
  歌いたいと思います
ヒロ:がんばります
山:ROCK'A'TRENCHのカバーで「Heal the World」

note Heal the World/ROCK'A'TRENCH〔STUDIO LIVE〕

山:いい曲だね、これねやっぱね
ヒロ:いい曲
山:うーん感動するねなんかね
ヒロ:感動するなんかね
  (笑)繰り返してるだけだけど
山:(笑)でね、スーパースターになったね人は
  必ずねいろんなこと言われますよ
  マイケルジャクソンもね、まー確かに見た目からしてね
  ぶっちゃけ皮膚が白くなりましたわ
ヒロ:なりましたね
山:なりましたね皮膚病のためだと言っておりますけれども
  整形もたくさんしている
  で途中で少年への虐待の疑惑で訴えられたりしてね
  どうだろ彼は純粋すぎさぁ…なんか色々誤解されやすい
  人なんじゃないかって気がするんだよねぇ
ヒロ:そんー・・・そうだろうねぇ
  昔からね、何が普通な人かっていうのは分からないよね
山:あーそうだね  
ヒロ:育ち方っていうかさ一般的な成長というか
その大人になりかたっていうのは違うんだろうね
山:自分がそんなだったらどうなの?どう思う?
  ちっちゃい頃から大スターで
ヒロ:どうだろうねぇ
山:ニヤケましたっ(笑)
ヒロ:スターであることが普通なんでしょ?
  日常の9割がスターな訳でしょ?
山:彼にとってはね  
ヒロ:俺はスターだって気持ちがないんだろうね
  普通だから昔から
山:でもぉ、映画観たんだけど彼は人に非日常を見せてあげたい
  ってことをすごくずっといってる訳よ
ヒロ:あーあー  
山:だから自分のいるのが日常でないことをわかってる
ヒロ:わかってるなるほどね
山:ここでこう言うことを言ったら人は興奮するとか
  心得てるんだよねツボを、人が熱狂する!
  立ち上がってイエイって言いたくなるっていう
ヒロ:なるほどねぇじゃちっとこの番組も
  最初からやり直そうかな(笑)
山:(笑)やり直しましょうかぁ全部ぅ
ヒロ:すごいね全てがやっぱり計算のもとってことなんでしょ
山:そうそうそうそう、人を楽しませる熱狂させるのが
  自分の使命だと思ってね強く生きていたと思うよ彼は
ヒロ:すごーい
山:ということで今日はKING OF POP
  マイケルジャクソンについてご紹介しました
  今日はねリスナーの皆さんにねちょっとプレゼントがあります
  ROCK'A'TRENCHから
ヒロ:あら、あるんですか
山:新曲をかけてしまいましょぉ
ヒロ:あなるほどねぇ
山:「ビューティフル サン」という
  我々にとっても新しいセクシーな
ヒロ:これは新しい
山:かっこいいと自信を持ってオススメできるナンバー
  まさっそく聴いてもらいましょぅ「ビューティフル サン」

ビューティフル サン/ROCK'A'TRENCH

CM

 

山:はいお送りしたナンバーROCK'A'TRENCHで
  新曲「ビューティフル サン」でしたぁ、イェイ、カッコイイ
ヒロ:うーん、いかがでしたでしょうかぁ
山:ねぇ感想なんかもね送ってほしいんですけれどもねぇ
  BODYWILD presents ROCK'A'STOCK
  今日もお別れの時間が近づいきましたぁ

note THIS IS IT/Michael Jackson

今日はね最後にMichael Jacksonの遺作となってしまった
この「THIS IS IT」を聴いてもらいながら
お別れしたいと思うんだけれども
ヒロ:はいBODYWILD presents ROCK'A'STOCKでは
  メルマガの配信を行っています
  詳しくはTOKYO FMの携帯公式サイトから
  ミュージックビレッジをチェックしてください
山:はいはい、そしてね我々ROCK'A'TRENCH
  年末12月28日にカウントダウンジャパンライブに
  出ますよね是非是非着実なライブをね
  ライブ締め?
ヒロ:今んところ、今んところ
山:だからねこれはもぉガツンとやるので
  是非遊びに来てください
ヒロ:はい
山:そしてでですねこの番組では
  メールを募集しております
  番組内でメールが読まれた方には
  毎週ROCK'A'TRENCHが選んだ
  グンゼBODYWILDのパンツをプレゼントします
  パンツが欲しい方はあなたを元気にしてくれる
  ポジティブスイッチをテーマにメールを送ってください
ヒロ:はいー、例えば、聴くとポジティブになれる音楽
  食べればポジティブになれる食べ物
  行くとポジティブになれる場所など
  メールでお待ちしております
山:じゃねここでいくつかメールを紹介したいと思うんだけれども

(リスナーメール中略・・・)

山:てな感じのねメールをどしどし募集しておりますぅ
  アドレスはstock@tfm.co.jp
  ストックのつづりはS・T・O・C・Kです
  ラジオネームと連絡先も忘れず書いて送ってちょうだい
  はい、ここで少しお知らせです
  ホットマジックあったまる話キャンペーンご紹介します
  2009年12月31日までね
  こころあったまる話を募集している訳ですよ
  投稿してくれた方の中から抽選で200名に
  ホットマジックが当たります
  グンゼあったまる話キャンペーンで検索してちょうだい
  なんかあったまる話なんかある?
ヒロ:知り合いのねライターさんがね
  家族で家でじゃれあってたんだって
  子供がお父さんの背中に乗っかってきた
  そこまでは普通
山:普通だねぇ
ヒロ:最後に奥さんものっかってきたんだって
  でね旦那さんに「わかる?家族の重みよ」って
山:おー
ヒロ:たいしてねほんとに重くはないけど
  急にその瞬間ずっしりやんなきゃなって思ったっていう
  ライターさんの話
山:その奥さんがステキだねぇ
ヒロ:奥さんがステキ
山:そっかぁーというような話をねぇ
ヒロ:(笑)いい話でしょ?
山:いいいい・・ぐっときた
  どしどし投稿してください。
  ということでお送りしたのは
  ROCK'A'TRENCHボーカル山森大輔と
ヒロ:ギター豊田ヒロユキでした
山:それではまた来週お会いしましょぅバイバイ

BODYWILD presents ROCK'A'STOCK
グンゼBODYWILDの提供でお送りしました。

| | コメント (0)

2009年12月14日 (月)

ROCK KIDS 802/2009.12.14

 今日から始まった music 「FUNKY802 SPECIAL WEEK!」
連日BUMP OF CHICKENからのメッセージあり shine

note 12/14(月) 21:00-24:00 『ROCK KIDS 802』
DJは、浅井博章さん。

今夜のテーマは『理想の告白』

clock  notes  clock  notes  clock  notes  clock  notes  clock  notes

notes 『メーデー~カルマ~アルエ~スノースマイル』

ヒロくん:FM802、ROCK KIDS 802リスナーの皆さん、そして
      この冬のオシャレはアニマル柄だ!と
      豪語して聞かないDJの浅井博章さん、こんばんは
      BUMP OF CHICKENのギター増川弘明です。
                        (「弘明です」ちょっとカミました sweat01 )
チャマ:(笑)かわいい…
ヒデちゃん:升秀夫と。
藤くん:藤原基央と。
チャマ:直井由文です。

ヒロくん:BUMPの皆さん、アニマル柄は普段着ますか?
      ということですけど…
チャマ:着ないねぇ…
ヒロくん:着ないねぇ、そういえばねぇ…要は豹柄とか
      あと何ある?シマウマ柄とか?
藤くん:そうだねぇ…
チャマ:あとは、豚バラ…
ヒデちゃん:豚柄・・・肉?・・・は、良く食べますねぇ。

(中略)

ヒロくん:今日は、チャマくんに聞いてみたいと思います。
チャマ:“理想の告白”はですねぇ、僕がする側です!
     飛行機に、ロサンゼルス行きの飛行機に
     彼女と乗るわけですよ、ロスに向けて
     一番高い高度に差し掛かった時に
     「すみません、スチュワーデスさん
     今日のご飯何ですか?」と、聞くでしょう…じゃぁ
     『Beef or Chicken?』「あぁーChickenで!」って
     飛行機を降りて…
ヒデちゃん:食べて降りて、食べて降りて
チャマ:着いて、着いて…そこから一旦、日本に戻って
     旅行帰ってきて、自分ちに着いて
     そこで一旦バイバイして
     電話かけて…『旅行楽しかった』
     その時に言いますねっ『好きだよ!』っと。

 ・・・おまえら(笑)3人しか解ってくれないけど、ありかな?
    かっこイイでしょ?

… note R.I.P  …

 「R.K.802_2009.12.14.wma」をダウンロード

note 『ROCK KIDS 802』では、
明日も、BUMP OF CHICKENからのメッセージあり clover

   

   

 

 

| | コメント (0)

2009年12月 5日 (土)

ROCK'A'STOCK!20091205

BODYWILD presents ‘ROCK'A'STOCK !’
(Dick Dale & The Del Tones note‘Misirlou’が
                  流れる中スタート slate
 TOKYO FMからお送りしています
‘ラジオの中の音楽の祭典
             BODYWILD presents ROCK'A'STOCK!’
こんばんは、パーソナリティーを務めるのは
ROCK'A'TRENCHボーカルの山森大輔と
ヒロ:こんばんは、ギターの豊田ヒロユキです
山:イェーィ
  11月からですね番組が更にグレードアップしまして
  その名もBODYWILD presentsROCK'A'STOCK!
  となりました
  改めてよろしくお願いしますっ
ヒロ:えぇー番組内でメールが読まれた方にはなんと
  ROCK'A'TRENCHが選んだお気に入りの
    BODYWILDのパンツをプレゼントします
山:なにぃー…
ヒロ:詳しくは番組の最後にお話します!
山:はいはいはい
  でぇーですねぇ、さてさてということでねぇ
  番組の冒頭ではありますけどもねぇ…
ヒロ:はいっ
山:我々のちょっとお知らせをしたいと思うんですけども
  なんと!
  ROCK'A'TRENCH!!
  初の武道館のステージを踏むことが決定いたしました!!
  というのはねぇ…12月8日に
  「 ジョン・レノン スーパー・ライヴ」というね
   ジョン・レノン の命日に行われているライブなんだけども
  これにねぇ、今年我々に声がかかったということで
  いやーびっくりしたね、ぶっ飛んだね!!
  超!楽しみなんですけども…まぁそういうこともあるので
  ここらでねっ、この方を避けて通る訳いかないんじゃないか
  ということで…
  今日はもちろん、この方を特集しようと思います
  今日聴いてくれている皆さんに届けるアーティストは
  John Lennon(ジョン・レノン)

山:はぁーいっ!ジョン・レノン!!
  こう…改めて、こう語るとなると
  非常に身の引き締まる想いでもありますけれどもね
ヒロ:そうですねぇ・・・
山:今日はねぇ、ちょっと果敢にこれに挑戦しようかなぁと
  思っておりますよ
  ジョン・レノンはねぇ、まぁ
  今日は、ビートルズ時代のジョン・レノンはねぇ
  これはもう語るまでも無いということで
  それ以降のジョン・レノンについてねぇ
  焦点を当てて語っていこうと思います
  はい、まずはねっ聴いてちょうだい!!
  ジョン・レノンで「POWER TO THE PEOPLE」
  

note  POWER TO THE PEOPLE/ JOHN LENNON

CM

山:改めましてROCK'A'TRENCHボーカル山森大輔と
ヒロ:ギター豊田ヒロユキです
山:はいBODYWILD presentsROCK'A'STOCK
  お送りしたのはJOHN LENNONでお送りしたのは
  「POWER TO THE PEOPLE」でしたぁ
ヒロ:はい~つーかでもさJOHN LENNONのそのファン・・・
  好き具合ってあるじゃんみんなの
山:はいはいはいはい
ヒロ:一番アーティストの中で幅があるよね
  ていうかその、ふかーく知ってる人と浅く知ってる人と
  差があるよね
山:JOHN LENNONについてってこと?
ヒロ:ついてってこと、ビートルズもしかりですけれども
山:なるほどね、そうかもそうかも
  確かにぃ、僕はでもけっこう好きかなぁ
ヒロ:僕はあのねぇ、わりと表面の方だけしかぁ・・・
山:(笑)薄っぺらい男ではありますけれども
ヒロ:薄っぺらいとこしか知らない
山:今日はちょっと探っていこう深くねぇ
ヒロ:はい僕は知らないことが
  たぶんいっぱいあると思うんです
山:そんな今言ってくれたJOHN LENNONはね
  彼の人生の転機になったのは
ヒロ:はい
山:ビートルズの解散かもしれないなって言ってた頃に
  いろんなアートの個展とかを見に行ってたんだけど
  そんなある日訪れたのが不思議なね日本人女性の
  オノ・ヨーコが開いた個展
  そのね個展のある展示でJOHNはね
  もぅ一気に心を奪われる訳よ
  どんな展示だったかっつーと
  なにもないでかい広い部屋に
  はしごが置いてあるわけ
  そこを上っていって見ると
  天井にそこに一言「YES」って書いてある
ヒロ:うん
山:これにJOHNはね、アイディアだけで面白いじゃん
  かなり風刺的なものをバンッて書くんじゃなくて
  一言、肯定的なYESってシンプルな
  言葉だけを書いてあるってことにものすごい感激して
ヒロ:YESってあのバンドが好きだった訳ではない?
山:違うんだっつの!
ヒロ:プログレが好きだった訳ではない
山:プログレのあのYESじゃなくて(笑)
ヒロ:あそぉーか
山:人間的にね魅力を感じちゃってそっからですね
  お互い結婚してたんだよねはじめは
  でもそれを乗り越えて
  引かれ合う二人を止められなかった
ヒロ:そりゃそぅだ
山:こっからさぁJOHNの才能というかクリエィディブ
  っていうかまたもや爆発して
  曲もガンガン書くし
  有名なさぁよくポスターとかになってるじゃん
  ベッドインていうパフォーマンスアートで
ヒロ:うーん
山:裸のJOHNとヨーコが
ヒロ:あーはいはいはいはい
山:ベッドに横たわってずっといるっていう
ヒロ:よかったよかった
山:それだけの・・・何を何を?
ヒロ:当たり前に知ってるだろ?みたいな言い方して
  知らなかったときの
山:(笑)
ヒロ:ガッカリ感は・・・でも知ってたわかるわかる
山:あれはホント!平和のためのメッセージなんだよね
  愛とユーモアでなんか
  ベトナム戦争やってたんだよね
  そういうものをやってる状態じゃないじゃないか
  より自然の人間のあり方なんじゃないの!っていう
  ことを伝えるためのパフォーマンス
  爆発したJOHNの才能を詰め込んだ
  ファーストソロアルバム1970年にリリースされるわけ
  JOHN LENNON:Plastic Ono Band
  (プラスティックオノバンド)っていうね
  その中で俺も大好きなこの曲を
  聴いてもらいたいと思います
  JOHN LENNONで「LOVE」

note LOVE /JOHN LENNON


山:はい、お送りしたナンバーはJOHN LENNONで
  「LOVE」でしたぁ
ヒロ:はいー
山:ねぇもぉタイトルからしてね
  ゾッコンな感じがしますけれどもねぇ
ヒロ:すごいっすねぇ
山:愛によって創作意欲をバチコーンとかきたてられた
  JOHN LENNONはですね
  次のアルバム「イマジン」
ヒロ:出ました
山:1971年のこのアルバム
  想像してごらん
  国境のない世界、宗教がない世界みたいなね
  そしたらなんも争いごとなんてないじゃないか
  みたいなことを言ってる曲で
  この時代はいろんなさぁ
  戦争もあったしいろんな問題が世界中にあった
  貧富の差もあったしね
  そういうストレートなことを
  すごく美しいメロディーでねぇ
  普遍的なおっきな愛をね、歌った歌になっていてねぇ
  今でもいろんな人の心を捕まえている
  捕らえている名曲だよね
ヒロ:そうだよねぇ
山:さんざんいい話をしときながら
  JOHNとヨーコは破局ねぇ一旦します(笑)
ヒロ:飽きちゃう、飽きちゃう(笑)
山:飽きちゃうっていうか1年間も別居しちゃうんだよね
  その後乱れる訳ですよJOHNは酒飲んで
ヒロ:荒れちゃうんだ(笑)
山:どっかの誰かさんみたいに(笑)俺だっ
ヒロ:荒れちゃうんだ(笑)
山:荒れちゃってね
  でもカッコイイ曲を書いてね
  それがまた売れてね
  エルトンジョンと競作した曲なんだけど
  それをこーエルトンとまた一緒にやろうかって
  サプライズでエルトンのライブに行ったときに
  オノ・ヨーコがたまたまいて
ヒロ:うーん
山:また久しぶりに会って
  そっから恋が芽生えるみたいなねぇ
  再び・・・
ヒロ:再び・・・
山:よりを戻すみたいなことある?
ヒロ:より戻したことはねぇ1回もないんだよね
山:1回もないんだ
ヒロ:あるでしょ?
山:あります・・・
ヒロ:そこが俺と山森大輔との違いだよねぇ
  燃えるこの気持ちがね冷めた訳でしょ?1回
山:冷めたうん
ヒロ:俺冷めるとねぇ冷めて付いたことがない
山:あー
ヒロ:2回目・・・ない
山:そうかぁ・・・パサパサですねぇ(笑)
ヒロ:なんで俺が悪いみたいになってんの?
  なんで・・・まぁでも盲目と言いますからねぇ
山:また燃え上がってですねぇ一緒に暮らすようになってですねぇ
  すごい作品も作るんだけれども
  一時期ねJOHN LENNONはねぇ
  専業主夫みたになっっちゃってね
  音楽をやってない時期もあったりで面白いね
  というJOHN LENNONなんですけれども
  我々ROCK'A'TRENCH山森大輔と豊田ヒロユキの演奏による
  JOHN LENNONの魅力をお伝えするコーナー
ヒロ:今日はねぇ、女よ!どう表現したらいいのだろう
山:はい、あー
ヒロ:分別のない僕の複雑に入り混じったこの感情っていうね
山:うん、これ歌詞ですねぇ
  WOMANという歌詞、名曲でございますよ
  ROCK'A'TRENCHのカバーで「WOMAN」

note WOMAN /ROCK'A'TRENCH(STUDIO LIVE)

ヒロ:言い曲ですねぇ
山:いい曲でしたぁ
ヒロ:きました
山:名曲を生み出し続けていた
  JOHN LENNONなんだけれどもね
  アルバム「ダブル・ファンタジー」をリリースして
  すぐにね悲劇が襲いかかってくるという
ヒロ:はい
山:12月8日オノ・ヨーコと共にね
  レコーディングから帰る途中
  自宅のダコタアパートの前で
  狂信的なファン、マークシャックマンて人に
  撃たれてしまって
  出血多量のため死亡
  40歳の生涯でしたと
ヒロ:早いですね
山:天才はねぇ駆け抜けていくね人生をね
ヒロ:そう、凝縮していっぺんに生きているんですかねぇ
山:でなんかさぁ今まで何曲か聴いてきてさぁ歌ったりして感じるのが
  すごくこぉ寂しがりやな部分があるよねこの人
ヒロ:ある
山:愛が欲しいっていう
ヒロ:うーん、あー
山:それにはけっこうさぁ生い立ちが
  関係しているのかもしれなくて
  まぁ生まれてすぐ父親が失踪しちゃったりとか
  お母さんが18歳のときに
  交通事故でなくなっちゃったりとかね
ヒロ:うーん
山:愛を欲しいときにたくさん与えてもらえなかったからこそ
  そういう愛をたくさん求めていたし
  愛をたくさん発信もしていたしね
  燃やして生み出した作品はね
  いろんな人の心に光を照らしていると思いますねぇ
  JOHN LENNONの曲をきいてねポジティブになれる
  人はね世界にたくさんおります
  もしね今日初めて知ったって人はね
  是非是非これから彼の世界に浸っていってちょうだい
  今日はJOHN LENNONを特集しました

CM

山:BODYWILD presents ROCK'A'STOCK
  今日もお別れの時間が近づいてまいりましたぁ

note カクメイノウタ~Diggin'~/ROCK'A'TRENCH  

山:はい、今日最後にお送りするのはROCK'A'TRENCHで
  「カクメイノウタ」という曲ですねぇ
  これJOHN LENNONに思想にちょっとね影響を受けた
ヒロ:うん、はい更にBODYWILD presents ROCK'A'STOCKでは
  メルマガの配信を行っています
  詳しくはTOKYO FMの携帯公式サイトから
  ミュージックビレッジをチェックしてください
山:はいはいそんなROCK'A'TRENCHね
  年末にカウントダウンジャパンというライブに
  出ますね12月28日
  もぅガチ上げますよぉ必ずこの日も
ヒロ:ガチ上げますよ、ガチガチになってるけどね
山:(笑)出る直前はね
ヒロ:出る直前はねガチガチですけれども
山:ステージはねバチコンやりますので
  是非遊びに来てちょうだいー
ヒロ:はいー
山:そしてでですねこの番組では
  メッセージを募集しております
  ポジティブスイッチをテーマ  
  例えばね、聴くとポジティブになれる音楽
  食べればポジティブになれる食べ物
  行くとポジティブになれる場所みたいなね
  募集しているんだけれども  
  番組内でメールが読まれた方には
  毎週ROCK'A'TRENCHが選んだ
  グンゼBODYWILDのパンツをプレゼントします
ヒロ:はいー
山:更にですね冬、寒くなってきたということでですね
  新商品の発熱素材ホットマジックも合わせて
  プレゼントしちゃおうじゃないかというね
ヒロ:出ましたぁー
  これはすごいよ体が着てくれっていうからね
山:(笑)
  これねタイツなんかもね使い勝手がいい
  俺ら野外のイベントなんかもいいと思うよ
ヒロ:そうですねぇっ
山:是非是非ねこれを当ててほしいということでですね
  詳しくはグンゼ発熱素材を使った
  ホットマジックで検索してたどり着いてちょうだいよろしく
  じゃメッセージ今週も読んでみたいと思います

(リスナーメール中略・・・)

山:というような感じでねこの番組では
  ポジティブスイッチをテーマにメッセージを募集しております
  アドレスはstock@tfm.co.jp
  ストックのつづりはS・T・O・C・Kです
  連絡先とあとペンネーム
  よかったら読みがなも書いてちょうだい、よろしく!
  とうことで今週もお送りしてまいりました
  BODYWILD presentsROCK'A'STOCK
  お送りしたのはROCK'A'TRENCHボーカル山森大輔と
ヒロ:ギター豊田ヒロユキでした
山:それではまた来週お会いしましょぅバイバイ

BODYWILD presents ROCK'A'STOCK
グンゼBODYWILDの提供でお送りしました。

  

 

 

 

 

| | コメント (0)

2009年12月 1日 (火)

ROCK'A'STOCK!20091128

BODYWILD presents ‘ROCK'A'STOCK !’
(Dick Dale & The Del Tones note‘Misirlou’が
                  流れる中スタート slate
 TOKYO FMからお送りしています
‘ラジオの中の音楽の祭典
             BODYWILD presents ROCK'A'STOCK!’
こんばんは、パーソナリティーを務めるのは
ROCK'A'TRENCHボーカルの山森大輔と
ヒロ:こんにちは、ギター豊田ヒロユキでーす
山:イェイイェーィ
  11月からですね番組が更にグレードアップしまして
  その名もBODYWILD presents ROCK'A'STOCK!
  になりました改めてよろしくねと
ヒロ:お願いしますっ
山:お願いしますっ
ヒロ:えーそして番組内でメールが読まれた方にはなんと
  ROCK'A'TRENCHが選んだお気に入りの
山:イェイイェイイェーィ!
ヒロ:BODYWILDのパンティーをプレゼントします!
山:パンティーとか言ってねパンツですパンツ
ヒロ:詳しくは番組の最後にお話するので
  楽しみに待っててくださいね
山:はいはい、そしてですね我々このROCK'A'STOCK
  軽くどんな番組かをご紹介しますけれども
  僕達ROCK'A'TRENCHが今だからこそ
  聴くべき音楽をですねセレクトして
  そのルーツと魅力に迫る
  キミの人生のね柱となる
  ルーツとなるよ!というそういう音楽をですね  
  番組の中でご紹介してね
  そういう音楽ばかによる音楽ばかのための
  音楽でございますぅ
  さっそく参りましょうかね
ヒロ:はい
山:本日みんなに紹介するアーティストはこの人だ
  Sheryl Crow(シェリル・クロウ)


ヒロ:ドスドスドスドス、ウォォォー、イェー
山:(笑)関係のない効果音入れないでほしいんですけどね
  Sheryl Crowだよどうどう?ヒロは
ヒロ:えーとそーんなにガッツリと通っておりません
山:なるほどなるほど
ヒロ:なので今日は勉強しにきておりますんで
山:オッケイオッケイ僕は語ります
  今日も早速行ってみます!
  1曲目!Sheryl Crowで「If It Makes You Happy」

note If It Makes You Happy/Sheryl Crow

CM

山:あらためましてROCK'A'TRENCHボーカル山森大輔と
ヒロ:豊田ヒロユキです
山:はい、お送りしております
  BODYWILD presents ROCK'A'STOCK
  お送りしたのはSheryl Crowで
  「If It Makes You Happy」でしたぁ
ヒロ:このテンポの
山:うん
ヒロ:ギリギリで遅いみたいなとこかっこいいね
山:はいはいこーねぇロックな感じの
  アメリカのねこの人はもうけっこぅほんと
  女性シンガーソングライターの
  新境地を切り開いた人とも言っていいんだけどね
  1962年に生まれておりますだから今47歳
  でも、すげぇーキレイ!今でも
ヒロ:はいはい、付き合いたい?付き合いたい?
山:全然付き合える付き合いたい!むしろ
ヒロ:(笑)あそぉ
山:でねぇ、以外にねぇ
  彼女の初プロミュージシャンとしての仕事は
ヒロ:うん
山:マイケルジャクソンの
ヒロ:うーん
山:バックコーラス
ヒロ:いきなり?
山:いきなり87年
ヒロ:いきなりおー
山:だった訳、しかもデュエットして歌ってたから
ヒロ:うん
山:恋人なんじゃねーかみたいな風に騒がれたこともあって
ヒロ:どんな人とも恋人かもしれないけどね(笑)
山:かもしれないね、あれくらいになったらね
  そっからちょっと経ってからソロミュージシャンとして
  デビューするきっかけをつかむわけ
ヒロ:はい
山:ただねぇファーストアルバムを順調に作るんだけど
  これはねぇレコード会社から
  ちょっとポップさに欠けるんじゃねーか
  ってことでお蔵入りされてしまう訳ですねぇ
ヒロ:お蔵入り
山:インザオクラ・・・
  それでですねぇでもそれを当時の恋人
  ケビンギルバードくんがですねぇ
  彼はプロデューサーなんだけど
ヒロ:うん
山:もう一回やろうよ!って言って
  火曜日の夜にね会社の近くのスタジオでセッションをして
ヒロ:はい
山:曲を作りながら飲みながらみたいな感じで
  やって曲もガラッと変えて録りなおした
  「Tuesday Night Music Club(チューズデーナイトミュージッククラブ)
  めっちゃくちゃいいアルバムになってて
ヒロ:はい
山:全曲いい訳よっこれがもぅ良すぎてもぅ大ヒット
ヒロ:どういうメタルなの?
山:メタルじゃないメタルじゃない!(笑)
  一言もメタルって言ってない!(笑)
ヒロ:あっ、あそぉ、ぁぁぁわかりましたでもはい・・・
山:でこれがねぇ全世界700万枚を超えるセールス
  ただねぇこれがねぇちょっと悲話っていうか
  悲しい話があるんだけれども
  パートナーであったケビンが
  交通事故でなくなってしまうというね
ヒロ:あー
山:そうなんです。
  だから彼女にとってはものすごい出世作でありながらも
  聴いたらね超ね悲しいアルバムなんではないかなと
  思ったりはしておりますけどもねぇ
  どうですかそういう曲はありますか?ヒロくんは
ヒロ:椎名林檎さんとかを聴くと
  あの頃のアレを思い出すなぁとかある訳ですよね
山:(笑)どういう恋愛を思い出すの
ヒロ:まぁーねぇあの狭いふとんに一緒に寝たよねぇとか
山:あー(笑)
ヒロ:シングルベットでなんちゃらかんちゃらみたいなね
山:ナマナマしい!ナマナマしいな随分
ヒロ:いいんだよそんなことは
山:まーそういう感じでですね出世作となったと言って過言ではない
  このナンバー聴いてちょうだい
  Sheryl Crowで「All I Wanna Do」

noteAll I Wanna Do/Sheryl Crow

山:お送りしたのは
  Sheryl Crowで「All I Wanna Do」でしたぁ
  どう?かっこいいでしょ?
ヒロ:かっこいい!
山:そんなSherylね
  まぁ自分の手でプロデュースもして
  楽器もできちゃったりする訳よ
  「ソーク・アップ・ザ・サン」ていうカッコイイ曲があるんだけど
  その曲でエレキベースで弾き語りみたいな感じにしながら
  やってたりねぇ…非常に才能溢れる女性です
ヒロ:はい
山:グラミー賞の常連
ヒロ:お得意様なるほどぉ
山:お得意様(笑)
  ごひいきですよぉホントに
  こういった才能のある彼女
  96年頃にはエレッククラプトンと熱愛関係で噂になったり
ヒロ:なるほどぉ
山:やりますねぇ
  ROCK'A'STOCK!名物の
  上がったら落ちるの、このキーフレーズ、キーワード
  ドラックのやり過ぎっていうねぇ言葉がねぇ
  今回の台本には載ってないんですねぇ
ヒロ:そうですねぇ
山:いいキャリアを重ねております
  9回に渡ってグラミー賞を受賞している
  どうだろこういったさぁ歌の内容もそうなんだけど
  非常に力強いね自立した女性を描く
ヒロ:はいはいはい
山:かなりな訳よぉ
  そういう風に聞こえますねぇ
  そういう女性はどうですか?ヒロくん
ヒロ:そうですねぇ、騙されてみたい!
山:(笑)
ヒロ:以上です
山:わかりましたぁ(笑)
  じゃぁですねぇこの辺で、僕らの歌声でSherylのね魅力を
  聴いてもらおうかな
  今日カバーする曲はね
  ちょっと切ない曲なんだよね
ヒロ:どういう曲なんですか?
山:自分がボロボロに近い感じの
  打ちのめされた女性
ヒロ:うーん
山:でホントに男性にあなたはこんな私を
  受け止めてくれるの
  お願いどんな嘘でも信じるから
  ただ私の前からは立ち去らないでっていう
ヒロ:なるほどねぇ~、そうですかぁ~
山:(笑)
  何かコメントないの?グッとくるでしょ
ヒロ:そうですねぇかなりこの意見のある感じで
山:(笑)そりゃそうだよ
  大好きな「Strong Enough」
  ROCK'A'TRENCH山森大輔と豊田ヒロユキの
  カバーで今日はピアノの弾き語りスタイルで
  お送りしたいと思います
  聴いてください

noteStrong Enough/ROCK'A'TRENCH(STUDIO LIVE)

ヒロ:いい歌です
山:緊張しましたぁ(笑)
  まぁねこういうねドラマを自分以外の人物人生を
  すごく短い言葉で、パーンと表現するのがうまい人なんですよ
  どっかで人生に裏切られながらも前に進んでいくみたいなね
  そういう姿を描くのがうまいアーティストですね
ヒロ:女性ファンも多いですよねぇ
山:生き方がうまくて90年代のセックスシンボルとして
  大人気だったし
  でも最近ではそんなに作品はリリースはしてないんだけども
  乳がんを公表して克服したぜってね
  2007年には養子を迎えいれてね
  自立した女性としての生き方を
  みんなに示しているアーティストでございますよぉ
ヒロ:なるほどぉ
山:生き方音楽スタンスがいろんな人の心を
  ひきつけているアーティスト
ヒロ:でもさこのグイグイ来る人の方がいいと思う?
山:えどういうこと?女性的に?
ヒロ:私なんかにかまわないでってのとどっちがいい?
山:俺ねでもねかまわないでは
  ちょっと寂しい気がするかもしれないかも(笑)
  かと言って
ヒロ:なんでも、なんでも!なんでもって言う事聞くって
山:・・・からそばにいてって人でしょ?
  いた(笑)そういう人いた(笑)
ヒロ:いたじゃないよぉ
山:そういう人はねぇ愛おしくなるよね、ただまぁ僕もですねぇ
  未熟な男ですからねぇその愛の強さを
  受け止めるだけの男になりたいと思って
  日々ねROCK'A'TRENCHで歌を歌っております(笑)
ヒロ:何を言ってるんですかぁ・・・
  もぉSheryl Crowの話に戻るましょじゃ
山:戻るましょ(笑)
  Sheryl Crowさんですけれども
  これを聞いてウチのヒロみたいにね
  知らなかったって人も
  ぜひSherylのね音楽の世界を知ったらね
  人生の楽しみ1コ増えると思うんだ俺
ヒロ:でも知ってる曲はありましたけどね
山:でしょ?そうなんですよぉ
  アルバムにもめちゃくちゃいい曲たくさんあるから
  是非是非聴いてみてくださいっ
  今日はSheryl Crowを特集いたしましたっ

CM

山:BODYWILD presents ROCK'A'STOCK
  今日もお別れの時間が近づいてまいりましたぁ
  はい、ROCK'A'TRENCHで「花の音」という曲ですねぇ
ヒロ:はい更にBODYWILD presents ROCK'A'STOCKでは
  メルマガの配信を行っています
  詳しくはTOKYO FMのミュージックビレッジを
  チェック、イット、アウトぉ
山:イェーイ
  そしてでですね番組ではですね
  みなさんのポジティブスイッチをテーマにですね
  メッセージを募集しております
  例えばね聴くとポジティブになれる音楽
  食べればあっという間にポジティブになれる食べ物
  そういう感じ
  でですねこれをねメッセージが読んだ方には
  毎週ROCK'A'TRENCHが選んだ
  グンゼBODYWILDのパンツをプレゼントしちゃおうと
ヒロ:よしっ
山:ねっ
ヒロ:はいっ
山:今週当選した方のメッセージを読んでみたいと思います

(リスナーメール中略・・・)

山:こんな感じでねこのお二人にはね
  BODYWILDのパンツをプレゼントします
  更に今週はね新商品の発熱素材を使った
  ホットマジックこちらもプレゼントしちゃおうと思います
  俺らねあらかじめもらってね今日着てるんですけどね
ヒロ:今日着てます
山:これは非常にいいですよ
ヒロ:あのねぇ着てて
  例えばその寝起きのふとんの中で
  足とふとんのサラサラ感あんじゃん?
  そんな感じがする常に(笑)
山:ありがとうございますぅ~素晴らしいコメント
ヒロ:これ1枚でね冬はね、過ごせませんけどね(笑)
山:過ごせませんこれ1枚じゃね(笑)無理ですけど
  この上にねちょっとで済むからねいいですよこの商品
  当たった二人は楽しみにしててちょうだい
  詳しくはグンゼ発熱素材ホットマジックで
  たどり着いてちょうだいよろしくぅ
  欲しい方は番組にメッセージをちょうだいっ
  アドレスはstock@tfm.co.jp
  ストックのつづりはS・T・O・C・Kです
  連絡先そしてラジオネームも是非是非書いてちょうだい
  よろしくぅ
  とうことで今週もお送りしてまいりましたROCK'A'STOCK
  来週も二人の名コンビでお送りしたいと思うので
  聴いてもらいたいと思いますぅ
  お相手はROCK'A'TRENCHボーカル山森大輔と
ヒロ:ギター豊田ヒロユキでした
山:またねぇバイバイ

BODYWILD presents ROCK'A'STOCK
グンゼBODYWILDの提供でお送りしました。

 

 

  

| | コメント (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »