« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月26日 (月)

ROCK'A'STOCK!20091024

 『ROCK'A'STOCK!』
(Dick Dale & The Del Tones note‘Misirlou’が
流れる中スタート slate
 TOKYO FMからお送りしています
‘ラジオの中の音楽の祭典、ROCK'A'STOCK!’
こんばんは、パーソナリティーを務めるのは
“ROCK'A'TRENCHボーカルの山森大輔”です
今回で4回目、ということでこの男を迎えて
一緒に送りたいと思います、自己紹介どうぞっ

真:え~ROCK'A'TRENCHベースの河原真です
山:・・・え~ロッカトレンチぃ・・・(真さんの真似をする)
真:どうも~どうもぉ~
山:やってきました
  メンバーを呼んで今回は2人でお送りしようと思うんだけれども
  え~っ、真くん番組の趣旨をわかっておりますか?
真:なんとなくわかっております
二人:笑
山:ね、初めて聴く人もいるかもしれないからね
  ご紹介しますけどもね
  我々ROCK'A'TRENCHが今だからこそ聴くべき音楽
  というのをですねぇセレクトしてルーツと魅力に迫るという
  そういう時間
真:なるほどなるほど
山:聞いてる?
真:聞いてます、俺に言ってたんだね、今ねっ
二人:笑
山:この世の中ね、星の数ほど
  音楽が溢れているじゃないですかっ
真:はい
山:テレビつけてもラジオ聴いてもネットでもあるんだけれども
  その中からどれを聴いたらいいのかわからないというね
真:うん
山:どっから手をつけたらいいのかわからないという人のために
真:はいはい
山:これをきいておけば間違いないよっと
真:なるほど
山:そういう音楽をセレクトして
真:はい
山:え~ご紹介する番組
真:めちゃめちゃおもろそうじゃないですかぁ
山:おもろいでしょぉどっからとってもぉ
真:それはいいですねぇ
山:いいでしょぉ、棒読み過ぎるわ
二人:笑
山:でね、今日はですねぇみなさんにお届けしたい
  アーティストはこちら
  Marvin Gaye(マービンゲイ)

note 「Mercy Mercy Me (The Ecology)」Marvin Gaye(BGM)

山:このね、Marvin Gayeを、語ろうと決めたときに
真:うん  
山:俺の頭の中に一人の男が浮かんだ・・・
真:おぉ
山:広島県は
真:おっ
山:瀬戸田町
真:笑、いきなり
山:生口島というね小さい島で生まれて
真:小さいはいらないね、笑
山:酒屋の息子として生まれてね
真:はい
山:ベースギターを手に取りソウルミュージックにどっぷり染まり
真:うん
山:ね、そして気付いたらプロミュージシャンになっていたという
真:よく知ってるねぇ僕のことをぉ
山:伝説のベーシスト河原真を
真:はい
山:呼ばないとMarvin Gayeのことを語れないと思った訳ですよ
真:なるほどぉ
山:だからねぇ今日はねぇ真にいろいろ聞かせてもらいながら
  思いとかもね聞かせてもらいながらね
真:はい
山:皆さんにMarvin Gayeの魅力を伝えていきたいと思います
  じゃまずね、聴いたことある曲じゃないかなと思うんですけど
  Marvin Gayeで「Stubborn Kind Of Fellow

note Stubborn Kind Of FellowMarvin Gaye

山:お送りしたのはMarvin Gaye
  「Stubborn Kind Of Fellow」でしたぁ
  え~Marvin Gaye、モータウンというねこれは音楽レーベル?
真:レーベルですね
山:うんうんアメリカの70年代?60年代?
真:60年代以降、70年代80年代まで
  まっ今でもあるっていう
山:うんうん、の生んだ大スターだよね
  最も偉大と言ってもいいんじゃないかという
真:そうですねぇ
山:思いますけどもねぇ…
  Marvin Gaye、牧師さんの息子だったらしいけど知ってた?
真:知ってる知ってる
  牧師さんのお父さんがいるんだけども
  お父さんはちょっと暴力的だったりして
山:牧師のくせに!
真:そう
山:うんうん
真:深いですよね、そっからね生い立ちからね
山:あーアーティスティックな生まれ立ちだね
真:そこでちょっとこぅMarvin Gayeさんと折り合いがつかなくて
  またそう色々、悩み苦しむ訳ですよぉ子供のときから
山:でもマービンは教会の聖歌隊で音楽に出会う訳しょ?
真:うん
山:で、こー音楽の素晴らしさに目覚めるみたいな感じですよね
真:うん
山:感じですよねぇ
  でぇ、そっから軍隊に入れられたりしたらしいんだけども
真:うん
山:もう一回本格的に音楽をやっていたところ
  モータウンレコードの社長に見つかったと、そういう感じで
真:うん、モータウンに入る訳
実はですねぇ最初の1年くらいはドラマーとして
山:あぁーそうなんだぁ
真:ドラマーが足りなかったかよくわかんないんだけどども
  ドラマーとして仕事をしてて俺ホントは歌いたいんだけどな
山:へーそうなんだでもドラムもうまそうだよねこういう人ってね
  大抵そうなんだよね
真:楽器触っったら何でもできるんじゃんみたいなねぇ
山:ということでMarvin Gayeといえばねぇ
  さっきも聴いてもらったけれどもああいう
  パンチのある歌声もカッコいいけれども
真:うん
山:バラードもいい訳ですねぇ
真:やはりねぇウイスパーボイスっというか言うかですねぇ
山:ウイスパーボイスって言われてるの?作ったの今?笑
真:っていうかまぁねぇ、Marvin Gayeだけじゃなくてね
  
スイートなスイートなね歌声
  しかも多重録音のねぇ
山:はいはい
真:いろんなのMarvin Gayeの声が一度にね、バァーっと出て
山:笑・普通だけどね
真:Marvin Gayeが50人位いるようなぁ
山:凝ったねぇ感じのスタジオワークでねぇ
  素晴らしい曲があるけれどもちょっとここで聴いてください
  Marvin Gayeで「All The Way Around

note 「All The Way Around」Marvin Gaye


山:聴きながら真が、甘い甘すぎるってつぶやいたねぇ
真:これはスイートですねぇまさに
山:スイートだねぇ
真:スイートソウルミュージックという言葉が
  ピッタリなんじゃないか
山:河原真がMarvin Gayeに出会ったきっかけっ、つぅーか
  その辺覚えてる?
真:僕が中学3年とか高校1年くらいのときに
  日本で僕らの先輩でもあるウルフルズが一世を風靡して
  そしてそのウルフルズが好きになって
  どうやらソウルミュージックに
  影響を多大に受けているということがわかって
山:はいはいはいはい
真:いろんなものを調べたりして当時インターネットもないので
  楽器屋さんのブラックミュージックとは!みたいな
  本なんかを立ち読みして
  そこで出てくる名前の人のCDを
  小遣い貯まり次第買っていくという生活
  その中のひとつがMarvin Gayeだったという感じで
山:マービンの中でもその魅力って言ったら何?
  他の人たちと比べて
真:いわゆる60年代からやっていたソウルの
  古きよきスタイルから70年代のソウルへの架け橋に
  なったんじゃないかと僕は思ったんだけれども
山:なるほどねぇ
真:いわゆるニューソウルと言われたジャンルに
山:60年代ソウルとニューソウルの違いなんてのは何なの?
真:だからさっきの「Stubborn Kind Of Fellow」なんかは
  割と60年代スタイルの元気のいい
山:はいはいはいはい
真:もぅ普通の明るいダンスミュージックな
  ソウルミュージックっていうか
  リズム&ブルース的なところから
  70年代はこっちのメローな方に
山:「All The Way Around」みたいな感じだ
真:最初に聴いたので
  いわゆるその違いがまさに出てたんじゃないかという
山:あーなるほどぉ
  おっとこれは素晴らしいよ音楽番組みたいなねぇ
  まるでねぇ、これねぇ
二人:笑
山:女性シンガーのデュエットでもねぇ
真:これがねぇまたいいんですよぉ
山:いろんなヒットを飛ばしていい曲がたくさんあるんですよねぇ
  その中の1曲ねぇ…俺もすげぇー好きな曲、聴いてください
  Marvin GayeTammi Terrell(タミーテレル)がやってる
  「Ain't No Mountain High Enough

note 「Ain't No Mountain High Enough」
               Marvin Gaye & Tammi Terrell


山:今日はですねぇMarvin Gaye特集をベース河原真と共に
  お送りしている訳でございますけれども
真:はいはい
山:まぁマービンはねぇこーやって
  スターにのし上がっていくんだけれどもやっぱ一方で
  非常にねぇ苦労というか苦悩を抱えていた
  人物でもありますねぇ
真:そうですねぇ
  まずそのさっき聴いてもらった
  「Ain't No Mountain High Enough」を一緒に歌ってる
  Tammi Terrellさんがね一緒にデュエットをやり始めて
  1年足らずでね脳腫瘍になってしまうという
山:そう、病気で亡くなっっちゃうっていう
  それもやっぱ本人も相当ショックだったらしいし
  元々マービンは生い立ちがさぁ牧師のお父さん
  厳しいお父さんでしかも暴力的なお父さんの家で育って
  いろいろ繊細なね、性格の人だった訳だよねぇ歌声と同様
真:そうですねぇ
山:いろいろこぅ~Tammi Terrellとの別れとかもあって
  ドラックづけ、お酒づけいろんな漬物に
  なってしまったということでねぇ
  精神のバランスを失ったりとか
  ライブでなかったりとかね
  レコーディングも来たり来なかったりみたいな
  そんな時代がけっこうねぇ続く訳ですねぇ
真:モータウンと連絡を取れなくなるっていうのが
  必殺技のような
山:笑
真:マービンどこ行ったって連絡取れませんって
  またかアイツぅ
山:まぁそういう時代もあったんだけれども、そこからねぇ
  1970年代くらいから自分の状況を
  もう一回、これじゃいかんと思って
  カムバックする訳ですよ一旦ねぇ
  でぇ、その頃の不朽の名作という曲がねぇあるんだけれども
  「What's Going On」という曲がありますねぇ
真:これはですねぇ、ちょうどベトナム戦争の頃のね
  弟のフランクゲイがねベトナム戦争に行く訳ですよぉ
  帰ってきて兄ちゃんこれは大変だと
  ベトナム戦争の現場は
  地獄のような毎日でその惨事をね
  お兄さんに話したら
  ほんとにMarvin Gayeがショックを受けてね
  こんな辛いことが、こんな悲しいことが
  世界で起こっているんだっていうのをねぇ
  これはどうしたものかとそのときに「What's Going On」の
  デモをもらって、プロデューサーからもらって
  その時の自分の気持ちとピッタリだったということもあって
  このアルバムの製作に入る訳ですね
山:このメッセージがすごく優しく明るい曲なんだれけども
  こんなことでいいんだろうかってことをすごくね力強く
  泣いている女性がそこにいる
  戦争でどんどん死んでいっている兄弟がいる
  こんなことでいいんだらろうか
  戦争は何も生み出さないんだぞっていうことをねぇ
  すごいいいメローで歌っているこの曲、俺も大好きですねぇ
  大好き過ぎて!今日は
  僕らの演奏で思いを乗せて皆さんへ届けちゃおうじゃないかな
真:あらぁ~っ
山:珍しくねぇ、アコギとエレキベースの弾き語りという形で
  ちょっとライブをやってみたいと思います
  ROCK'A'TRENCHのカバーでMarvin GayeWhat's Going On


note What's Going On」〔STUDIO LIVE〕

山:はい、お送りした曲は
  Marvin GayeWhat's Going On」のROCK'A'TRENCH
  カバーバージョンでしたぁ
  緊張しましたねこれ
真:緊張しましたねぇこれはぁ
山:今日はいろいろぶつけたね、モノをねカコンみたいな
真:今日はそういう打楽器も・・・みたいなもんですよね
山:いやいやいや・・・いい曲、あ~ねっ、はい
  魂を込めて演奏しましたけれども

ちょっとここで、お知らせがあります
この番組では感想や取り上げてほしい
アーティストなどがあればね
ROCK'A'STOCK!のアドレスstock@tfm.co.jp
まで送ってちょうだいっ
ストックのつづりはS・T・O・C・Kですぅ
でねぇ、あとね10月からスタートした
ROCK'A'STOCK!なんですけれども
TOKYO FMの携帯サイトミュージックビレッジでは
メルマガの配信をやっておりますぅ
この後9時からね配信される毎回ですね
終わった後毎回俺がこんな感じでしたみたいなことをね
暴露する時間ですのでね
よかったら登録して、読んでみてください
で我々ROCK'A'TRENCH全国ワンマンツアーの
真只中なんだけれども
東京では11月5日に赤坂BLITZにて
ワンマンライブドカンとね!やりますのでね
ワンマンライブ是非是非遊びに来てください

note Don't Stop The Music」ROCK'A'TRENCH 

山:ということでお送りして参りましたぁ
  ラジオの中の祭典ROCK'A'STOCK!
  河原真選手
真:はい、はいはい
山:初登場ということで今日はねMarvin Gaye
  特集したけれれども
真:なかなかこ~やっぱねぇ
  改めてねぇ
  この人の人生凄かったな~っていうのがあってねぇ
  結局最後ね、精神どんどん錯乱状態になっていき、最後まぁ
  お父さんにね射殺されるっていう・・・あるんだけれども
山:そうだね悲劇的なぁ
真:でもこれがね、ある一説によると、わざと自分に撃つように
  Marvin Gayeが仕向けたっていう
山:え~
真:説があるんだけれどもそれは二人にしかわかりませんよ!と
山:そだねそこんところはねぇ笑
真:なかなかねぇ45歳でしょぉ
山:そうですねぇいいところだよまだ全然
  音楽もそうだけど生き方でさ
  短く激しく燃えて燃え尽きたみたいな感じが
真:太く短くねぇ
山:そうそうそうそう
  そういうところが彼の残した作品を聴くときにも
  やっぱり深みっていうかなんか感動を感動を呼び込む・・・
真:命をすり減らすようにねぇ歌っていってる
山:そうそうそうそう時間を経てもまだ僕らの心を打つのはね
  こ~彼の激しい生き様があったからと思いますねぇ
真:僕らももうちょっと激しくぅ
山:激しくいこうね、じゃ酒飲もぅそろそろ笑
真:とりあえずそろそろ笑
山:ROCK'A'TRENCHの曲をかけてお別れしたんですけれども
  「Don't Stop The Music」という曲ねっ
真:あのソウルミュージックに影響を受けた部分を
  いちばん出しているというかそういうプレイを
山:ベースラインで
真:そういう思いを詰め込んだ曲なので
  ホントはこんなのできるんだよってところをね
山:笑
真:やった曲ですねっ
山:というような曲聴いてください
  ROCK'A'TRENCHで「Don't Stop The Music
  それではまたラジオの中でお会いしましょう、バイバイ

 

 

| | コメント (0)

2009年10月23日 (金)

カピバラさん~スポーツの秋~

カピバラさん〜スポーツの秋〜
 山々も色づき、涼しくなりました maple
関東では金木犀の香り、仙台では銀杏の香りに
さわやかな秋を感じる、今日この頃…

スポーツの秋は、カピバラさんたちも運動会
カピバラさん〜スポーツの秋〜
‘カピバラさん’‘あついさん’‘りゃまさん’

かわいいポンポンを持ち
みんなに声援を送る‘なまけものさん’

和みます… clover

…りゃまさんのGetは、あきらめておりましたが…
課長の息子さん(Tくん)からプレゼント present

ありがとうねぇ…Tくん heart04
Tくんには、何か美味しいお菓子をプレゼントいたします wink

| | コメント (0)

DELICIOUS FRIDAY/2009.10.23

  music 「FUNKY802 SPECIAL WEEK!」
BUMP OF CHICKENからのメッセージも今日で最後 confident

note 『DELICIOUS FRIDAY』 15:00-19:00
DJは、大抜卓人さん。

メンバーがクイズを持って登場!
正解した方にはデリシャスなプレゼントもあり delicious
danger 応募は…17:55で締め切られております。)

clock  notes  clock  notes  clock  notes  clock  notes  clock  notes 

17:16 notes 『sailingday~天体観測
        ~オンリーロンリーグローリー~涙のふるさと』

チャマ「FM802 「DELICIOUS FRIDAY」を、お聴きの皆さん。
    BUMP OF CHICKENの直井由文です。」
藤くん「藤原基央です。」
ヒロくん「増川弘明です。」
ヒデちゃん「升秀夫です。」

 BUMP OF CHICKENにあった、おいしい出来事は
何でしょう?
1.みんなでタモリさんに会った
2.ヒデちゃんの誕生日、みんなでご飯を食べた
3.チャマの誕生日、みんなでご飯を食べた

正解者2名に・・・
“BUMP OF CHICKENサイン入りバインダー”を
プレゼント present

    … note 天体観測  …  
       
       「D.F_2009.10.23a.wma」をダウンロード
    

clock  notes  clock  notes  clock  notes  clock  notes  clock  notes 
17:42 BUMP OF CHICKENからヒント。

       「D.F_2009.10.23b.wma」をダウンロード
         
      

clock  notes  clock  notes  clock  notes  clock  notes  clock  notes 
17:59 大抜さんから正解の発表 sign01
     答えは…『2.升くんの誕生日、みんなでご飯を食べた』

 

 clover BUMPの皆さま・・・
1週間、楽しいメッセージをありがとうございました heart04

  

  

| | コメント (2)

2009年10月22日 (木)

ROCK KIDS 802/2009.10.22

  music 「FUNKY802 SPECIAL WEEK!」
連日BUMP OF CHICKENからのメッセージあり shine

note 10/22(木) 21:00-24:00 『ROCK KIDS 802』
DJは、落合健太郎さん。

flair BUMP OF CHICKENの登場は22時台だそうです happy01

今夜のテーマは、白ご飯にはコレ!

clock  notes  clock  notes  clock  notes  clock  notes  clock  notes

  

        「R.K.802_2009.10.22.wma」をダウンロード 

 moon3    night     sun   chick    tulip

note FM802では、明日も
   BUMP OF CHICKENからのメッセージあり clover
    15:00-19:00
  『DELICIOUS FRIDAY』

 

  

  

| | コメント (0)

2009年10月21日 (水)

ROCK KIDS 802/2009.10.21

 今日で3日目の music 「FUNKY802 SPECIAL WEEK!」
連日BUMP OF CHICKENからのメッセージあり shine

note 10/21(水) 21:00-24:00 『ROCK KIDS 802』
DJは、大抜卓人さん。

 今夜の1曲目 shine
21:00 note オンリー ロンリー グローリー

flair BUMP OF CHICKENの登場は22時台だそうです happy01

今夜のテーマは、KING OF お菓子!!
 

clock  notes  clock  notes  clock  notes  clock  notes  clock  notes

22:12
notes 『プラネタリウム~涙のふるさと~車輪の唄~カルマ』

ヒロくん「FM802 ROCK KIDS 802 を、聴いている皆さん
    そして、自己啓発本を100冊以上読んでいるという
    マジですか?
    DJ大抜卓人さん、こんばんは。
    BUMP OF CHICKENの増川弘明と。」
ヒデちゃん「升秀夫と。」
チャマ「直井由文と。」
藤くん「藤原基央です。」

  … note 飴玉の唄  …

        「R.K.802_2009.10.21.wma」をダウンロード

  

note 『ROCK KIDS 802』では、
明日も、BUMP OF CHICKENからのメッセージあり clover

  

  

  

| | コメント (0)

2009年10月20日 (火)

ROCK KIDS 802/2009.10.20

 昨日から始まった music 「FUNKY802 SPECIAL WEEK!」
連日BUMP OF CHICKENからのメッセージあり shine

note 10/20(火) 21:00-24:00 『ROCK KIDS 802』
DJは、西田 新さん。

BUMP OF CHICKENの登場は…22時台だそうです happy01
今夜のテーマは・・・あなたの得意料理 restaurant

clock  notes  clock  notes  clock  notes  clock  notes  clock  notes

22:14
notes 『プラネタリウム~涙のふるさと~車輪の唄~カルマ』

ヒデちゃん「FM802 ROCK KIDS 802 リスナーの皆さん
    高校時代デビューを目指してバンドで
    ギターをかき鳴らしていた
    DJの西田 新さん、こんばんは。
    BUMP OF CHICKENのドラムの升秀夫と。」
チャマ「直井由文でと。」
藤くん「藤原基央でと。」
ヒロくん「ギター増川弘明と・・・」

 

 … note アルエ  …

        「R.K.802_2009.10.20.wma」をダウンロード 

note 『ROCK KIDS 802』では、
明日も、BUMP OF CHICKENからのメッセージあり clover

  

   

  

  

 

| | コメント (2)

2009年10月19日 (月)

ROCK KIDS 802/2009.10.19

 今日から始まった music 「FUNKY802 SPECIAL WEEK!」
連日BUMP OF CHICKENからのメッセージあり shine

note 10/19(月) 21:00-24:00 『ROCK KIDS 802』
DJは、浅井博章さん。

今夜の1曲目は note 天体観測
今日から25日にかけてオリオン座流星群が
夜空を賑わすとあって
「天体観測」へのリクエストが多かったそうな。

今夜のテーマは、大好きな給食メニュー

BUMP OF CHICKENからのメッセージは、22時台の予定

clock  notes  clock  notes  clock  notes  clock  notes  clock  notes

22:20
notes 『プラネタリウム~涙のふるさと~車輪の唄~カルマ』

チャマ「FM802、ROCK KIDS 802リスナーの皆さん
    そして、アムロとシャーのコスプレセットを
    持っていることで、大有名な
    DJの博章さん!浅井博章さんですよ…こんばんは。
    BUMP OF CHICKENの直井由文と。」
藤くん「藤原基央と。」
ヒロくん「増川弘明と。」
ヒデちゃん「升秀夫です。」

      「R.K.802_2009.10.19.wma」をダウンロード

藤くんが大好きな給食メニューは・・・『牛乳』

… note 涙のふるさと  …

 

note 『ROCK KIDS 802』では、
明日も、BUMP OF CHICKENからのメッセージあり clover

   

   

| | コメント (4)

2009年10月18日 (日)

ROCK'A'STOCK!20091017

 『ROCK'A'STOCK!』
(Dick Dale & The Del Tones note‘Misirlou’が
流れる中スタート slate
 TOKYO FMからお送りしています
‘ラジオの中の音楽の祭典、ROCK'A'STOCK!’
こんばんは、パーソナリティーを務めるのは
“ROCK'A'TRENCHボーカルの山森大輔”ですどうもぉ~
よろしくぅ~
今日で3回目ということでぇ
もうねぇ、10月も半ばを過ぎてだいぶねぇ涼しくなりましたねぇ
僕はねぇ、あの~今年ぃ
念願のスタジアムジャンパー、スタジャンをですねぇ
6万円出して買っちゃいましたっ
しかもそれも大阪でぇ(笑)
ツアーでねぇ行った大阪でねぇひとめぼれをしてしまいましてねぇ
これだと
今年はずっと、外で見かける俺は必ずスタジャン着てるからね
是非是非、スタジャンが似合ってる三十路の男がいたら
山森じゃねーかと疑ってね
声をかけていただいてもらっても、かまわないですけれどもねぇ
え~始まりました、ROCK'A'STOCK!
番組の内容をちょっとお知らせしますと
我々ROCK'A'TRENCHが、今だからこそ聴くべき音楽をセレクトし
音楽をセレクトしそのルーツと魅力に迫る
ねっ、この現代
星の数ほどいろんな音楽が充ち溢れていますけれども
もぅ、中でもね、これは君のルーツとなる
君の人生のバックボーンとなるぞ!という
その音楽をこの番組の中で見つけてほしい
そうでしょ?だってだってさぁ
こぅ国境も越えるし、肌の色も超えるし、年齢も超えるしぃ
体毛も濃い奴もいるぅ、薄い奴もいるぅ
ね、そういう音楽によってですねぇ
人生が変わるということもありうる
俺なんかまさしくそうだしね、う~ん
そういう素晴らしいものを君らにも届けていきたいという
そういう番組でございますっ
お付き合いよろしくっ!
では参りましょう
今日聴いてくれてる君に届けるアーティストは
こちらっ、Green Day!!!


イェ~イ!!
やってまいりましたGreen Day
コレをねぇ~
この特徴的なギターサウンド
分厚いギターサウンド
これ1本でやっているらしいんですけどライブでは
このGreen Day知らない人はいないでしょうねぇ
全世界で8千万枚のアルバムを枚売り上げている
モンスターロックバンドでございますっ
モンスターロックバンドにのし上がったつーかね
Green Dayとねぇ、ワタクシ山森大輔との出会いは
中学校3年もしくは高校1年ぐらいのとき
メジャーデビューした、ルーキーというね、アルバムのねぇ
アルバムの前にね、PVを見たんだっ
PVを見てね、そのPVが超カッコいいんだけどね
そのPVの曲をもぅまずは聴いちゃってもらいましょぅ
どうぞっGreen Dayの曲で「Basket Case」

noteBasket Case/Green Day

はいっ、お送りしたのは
「Basket Case」という曲でしたぁ
もぅねこのPVが世界中をねぇ賭け回ってねぇ
世界で爆発的に売れました
この当時バンドをやっていたバンドキッズはね
こぞって「Basket Case」をコピーして
学園祭で「Basket Case」を聴かない日はない
でまぁこのGreen Dayなんだけども
このGreen Dayが出てきたこの
1990年代のアタマの辺りこのときはねぇ
90年代パンクという音楽がグツグツ煮えたぎってるときで
あのパンクっていると70年代にね
ザピストルズとかクラッシュとかそれがオリジナルなんだけど
オリジナルパンクを受けてぇ
なんかハードコアとかいろんなものを経て
メロディックハードコアという音楽がアメリカで生まれる訳よ
キレイなメローで、でもちょっとパンクっぽい
ハードコアのことを歌っちゃうみたいな
それのムーブメントがすごい盛んで
Green Dayも始めは、そういう流れから出てきたんだけども
彼らはあまりにも曲がキャッチーでぇ
キャラも立っていたためぇ
メロディックハードコアのねジャンルをね
ポーンと抜けてしまうんだよ、このアルバム一気に
世界的なロックバンドになってしまいー
グラミー賞なんかも取っちゃうしぃ
そしてですね2005年にリリースする
アメリカンイリオットというアルバムで
チャート1位をようやく獲得するというねぇ…
このアメリカンイリオットっていうシングルの曲もあるんだけど
これもねめちゃくちゃかっこよくて
あのねぇ、痛烈なねぇ、こーブッシュ政権批判がね
込められている曲でねぇ
当時はあのその、ねっ戦争をアメリカでやっていたときだから
めちゃくちゃかっこよかったその姿勢が、うん
もぅGreen Dayは完全復活
一時期ちょっとぱっとしねんじゃねーか
それでもめちゃくちゃいいアルバムリリースしてたけど
時期もあったんだけれども、完全復活したと!
それでですねぇ
まGreen Day日本にもよく来てくれてます
ライブしてる
で俺何度も見たことあるんだけどぉ
いちばん記憶に残ってるのは
最初に自分が見たのはベイNKホール
その日本ではハイスタとか
エアジャム世代と呼ばれるバンドさん達が
すげー活躍してて
俺は高校生だったと思うんだけどぉ
ベイNKホールでねぇ
俺の目の前にものすごい柔道部員・・・としか言いようがない奴がいてぇ
んで出てきてぇ、バァーっと音が出た瞬間に
こっちをクルッと向いて超満面の笑顔でニコッて笑って
「おまえダイブしろっ」つって俺のことを片手で持ち上げてくれて
あの日いちばん最初にダイブした男が僕でしたぁ
1曲目のもぅ2秒くらいでダイブした
あの日も最高だったしぃ
今でもねぇ素晴らしいライブパフォーマンスをしていますねぇ
でGreen Dayは3ピースなんだけどぉ
ライブでもギターの音圧がハンパないんだよねぇ
ほんと一人でやってるとは思えねぇー音圧をねぇ
繰り出してくる
あのギターはちなみにぃ
Fender(フェンダー)のストラトなんだけどもぉ
父ちゃんにねぇプレゼントされたギターらしくてねぇ
ものすごい、俺が見たときにもものすごいボロボロだったんだけれども
ちなみに今使ってるやつはそれのレプリカをねぇ使ってるらしいんだけどねぇ
めっちゃんこいい音がするんだよねぇ
オーケストラみたいな音がする、エレキギターの
Green Day自信が影響されたアーティストと言えば
やっぱり彼らはねパンクロックが好きで
ラモンズやピストルズなんか
中でもザクラッシュの影響がね、すごいデカイらしいんだよね
ということでねぇ
これは珍しい音源なんだけどねぇ
Green Dayがクラッシュをカバーしてる「I Fought The Law」
そして続けざまに、2005年にグラミー賞を取ったアルバムから
「American Idiot」
2曲続けて聴いてちょうだいっ

noteI Fought The Law/Green Day

noteAmerican Idiot/Green Day


今日はGreen Dayを特集してる訳なんですけれどもねぇ
Green Dayは今までかけてきた曲みたいに
ストレートなね3ピースパンクロックバンド、まぁメロコアバンドとしてですね
デビューしたんだけれどもぉ
2000年頃からねぇ、こう…けっこぉあの凝った音作りになって
より美しいメロディーを歌ってですねぇ
もはやこれはパンクではないんじゃないかという風に
言われてねぇ、批判なんかもされることもあったんだよね
例えばオリジナルパンクのねMr.パンクとも言うべき
元セックスピストルズのジョンライドンね
ボーカルの彼ね
Green Dayを
あんなの偽者だよー!みたいな風にね、言っちゃったりとか
Green Day自身はね
こーパンクっていうのは自分を常に変えていくことだから
これがパンクなんだぜ
俺はこれをパンクだと思ってやってるんだぜ!みたいな風にねぇ
言っております。
それでねぇ、俺はそれについてどう思うかと言うとねぇ
パンクミュージック、俺も大好きなんだけども
その精神性とかね、反体制的な反骨的なところ
超カッコイイと思うんだけども
俺はGreen Dayを好きなのはパンクだから好き!って
いうわけじゃなくて
ものすごく天才的にいいメロディーを
カッコイイ演奏でそしてピリリと風刺(ふうし)のきいた歌詞で
ドカン!とぶつける、バンドだからなんだよね
それがロックなのかパンクなのか、別に俺はけっこうどうでもよくて
中にはねこれはこぉパンクだからこのバンドかっこいいとそういう風に
理解すべきバンドもいるかもしれないけど
俺の中でGreen Dayはもぉそういうところをねぇ
超越しているモンスターなバンド、という感じですねぇ
皆さんはどう思いますかねぇ…
でもやっぱりけっこう一貫して俺が感じるのは
Green Dayは、今言ったパンクとかは別としても
すごくなんかね世の中に、それでいいのかお前
ってことをねぇ、こー言っているメッセージの曲が多い訳ですよ
さっきのアメリカンイリオットなんかもそうだしー
普通の恋愛に関しても、男女の関係なんかに関しても
必ずえぐるねぇメッセージがある、うん
そういうところがねぇ、俺は素晴らしい
ほんとにこのボーカルのビリージョーアームストロングはねぇ
天才的なミュージシャンだと思っております。
でちなみに俺がねぇ、もぅ1コの俺の人生をものすごく変えた
この同時代のランシドっていうね
こっちはかなりもぅゴリゴリのパンクロック
今でもパンクなんだけれども
ランシドのボーカルのティムアームストロング
同じアームストロングさんだけど赤の他人なんだけれども
お互いねまぁ
Green Dayは御存知のとおり世界的に大ブレイクしたし
ランシドも全然世界的に成功してるけど
未だにねもぅ30、40位になるけど、この二人が親友でね
ランシドのティムが奥さんに逃げられちゃったりしたときに
ビリージョーに電話してねぇ、泣きついてなぐさめられた
どんどんね成長していくバンドGreen Day
これからねぇ現在進行形でこぉ
ロックンロールレジェンドを作っていくバンドです
じゃぁここで、恒例のお時間やってまいりましたぁ
ROCK'A'TRENCHボーカル山森大輔!わたくしが歌う
Green Dayの曲
僕の心も添えた上でこの
Green Dayの魅力を伝えたいということでですねぇ
聴いてくださいGreen Dayのカバーで
「Good Riddance -Time Of Your Life-」

note Good Riddance-Time Of Your Life-〔STUDIO LIVE〕

はい、お送りした曲はGreen Dayのカバーで
ROCK'A'TRENCHボーカル山森大輔が歌う
「Good Riddance -Time Of Your Life-」でした
そろそろ今日も終わりの時間がやってまいりましたぁ
この番組では感想や取り上げてほしいアーティストなどがあれば
ROCK'A'STOCK!のアドレスstock@tfm.co.jp
まで送ってちょうだいっ
ストックのつづりはS・T・O・C・Kです
でねぇ、こっから少しお知らせなんだけれども
まず10月からROCK'A'STOCK!スタートしましたけれども
TOKYO FMの携帯サイトミュージックビレッジでは
メルマガの配信をやっておりますぅ
この後9時からね配信されるんだけれども
ババッと書いてね送るので是非是非
読んでみてちょうだい
そしてねぇ我々ROCK'A'TRENCH
今ね、全国ワンマンツアーの真只中なんですけれども
え~東京では11月5日に赤坂BLITZでライブを行います
脂がのりきった状態のね我々ROCK'A'TRENCH
もぉーだいぶ、めちゃくちゃねぇいいてすよ僕ら
ほんと間違いないと思うから絶対にねぇ
11月の5日良かったら来遊びに来て下さい!
ということで
今週はGreen Dayを特集してお送りした訳だけども
僕もですねぇROCK'A'TRENCHを始めるにあたって
もぅなんか、好きな音楽をねっ全部やってしまいたいという
それをね、いちばんの目標に掲げて始めたバンドな訳です
なのでねGreen Dayがこうやってずーっと好きなことばっかしやって
しかもその都度その都度好きなことをね
やっぱり人って変わっていくから、・・・をやっていって
そしてそれを力強くいろんな人の心に届けている姿を見るとねぇ
ものすごいこー安心するっていうかねぇ
頼もしいっていうか
あいつらもやってんだから俺らにもできるよぉ
みたいなねぇ気持ちにさせてくれるバンドです
うん、Green Dayオススメ
是非是非皆さんもチェックしてちょうだいっ
とういうことで
お送りしましたラジオの中の祭典ROCK'A'STOCK!
最後にROCK'A'TRENCHの曲を聴いてもらって
お別れしましょう
ROCK'A'TRENCH「JUMP STAR」
それではまた来週、バイバイっ。

noteJUMP STAR/ROCK'A'TRENCH

  

   

| | コメント (0)

2009年10月17日 (土)

半田屋仙台一番町店

半田屋仙台一番町店
 山森さんが言ってた「はんだや」って…ココデスカ sign02sign02

今年の8月‘Date FM’にて
「仙台に行くと必ず行く」と
「仙台JUNK BOXは大好きなライブハウスで
アーケードを抜けて半田屋へ」と
言っておられました。

あらあら…
山森さんはどんなメニューがお好みなのかと思いきや
庶民的な飲食店ではないですかぁ flair
clip 山森さんのお気に入りメニューは・・・
                カレーだそうです heart04

「半田屋」は、仙台に本社がある飲食店。
関東でいう“やよい軒”(めしや丼)みたいな飲食店
小鉢が豊富で嬉しい shine

 今日は、さんまの煮付け 150円
ご飯ミニ 115円 (普通盛りのような量です)
お味噌汁 73円
わかめの酢の物&納豆にプリンも付けて
合計641円 お得 flair

ライブまで、あと一時間です wink
半田屋 仙台一番町店

  

  

|

2009年10月12日 (月)

ROCK'A'STOCK!20091010

 『ROCK'A'STOCK!』
(Dick Dale & The Del Tones note‘Misirlou’が
流れる中スタート slate
 TOKYO FMからお送りしています
‘ラジオの中の音楽の祭典、ROCK'A'STOCK!’
こんばんは、パーソナリティーを務めるのは
“ROCK'A'TRENCHボーカルの山森大輔”です。

ねっ、先週10月3日が第1回目のオンエアということで
聴いていくれたでしょうか、みんなぁ
あのねぇ、まず最初に前回言い忘れたんだけど
ROCK'A'STOCK!ね
これ音楽の祭典てことでわかってくれた人も
いるかもしれなんないんだけどもぉ
あれですよぉ・・・伝説のフェスティバル
ウッドストックをもじってのROCK'A'STOCK!だからね、はぃ
気付いてない人もいたみたいでねぇ
もぅ音楽のお祭りの30分間でございますぅ
え~番組趣旨ね!
我々ROCK'A'TRENCHが今だからこそ聴くべき音楽をセレクトして
ルーツと魅力に迫るという番組です。

現代星の数ほどね、音楽が溢れてますよ
でぇ、どれ聴いたらいいのかわからない!ってね
人も多いと思うんだけれども
その中からミュージックマイストロ山森大輔がですねぇ、はぃ
君のルーツとなる音楽を番組の中で見つけてほしいっ
ご紹介致します、間違いないっ!
僕が選んだものは間違いないですからっ
だってさぁ音楽はこぉ音しかない訳ですから
7つの音階しかない
これでもぅ国境もさ、人種も年齢も超える
こんなに素晴らしい技術はない訳ですよ
そう思ってね、
駆け抜けている我々ROCK'A'TRENCHが
君に自信を持ってお届けする
30分間ですぅ~

さて!今日君に届けるルーツとなりうる
グレイトなミュージシャンはこちら!
The Carpenters(カーペンターズ)!!
 (カーペンターズ note Please Mr Postman)(BGM)
・・・どうでしょうか~
もうねっ、この歌声を聴いたことない人はいないと
思うんだけれどもぉ
うん、あのねぇ・・・
まぁいきなり前回Bob Marleyに続いてね
おっ随分ポップなのできたねぇって思うかもしれないけども
うん、これはですねぇ
素晴らしいアーティストですよぉカーペンターズ
僕はねぇ、小5からね中学生いっぱいずっと
アメリカに住んでいたんだけれども
そこでね、車でねCDが擦れ切れるぐらいっ!
マジで!ずーっと聴いてたねカーペンターズ
でぇいい曲ばっかし、いいメロディー、いいアレンジ
この聴いてもらってるベルベットのような
シルクのような歌声
ねぇ、これはねぇ
自信をもって今日はオススメしてね
魅力を語っていきたいと思います!
じゃまずね、1曲聴いてください
カーペンターズで凄くキレイなバラードナンバー
「I Need To Be In Love」

(カーペンターズ note I Need To Be In Love )

お送りしたのはカーペンターズで「I Need To Be In Love」でしたぁ
ねっ、この曲はあれだよねドラマの曲に使われてた
ですよね、確かね『未成年』だったっけ
そぅだからね、日本でもねぇたくさん
聴いたことがある人が多いんじゃないかなぁと
思うんですけれどもねぇ
今流れてきたこの「Close To You」という曲
これはね僕がね、小学校のときにね
老人ホームの慰問に行ってねぇ
それでねぇみんなでね歌ったんだよね合唱で
おばあちゃん達超喜んでくれたね
まぁ、そんなカーペンターズ

ちょっと紹介すると
これはね二人組のデュオです、しかも兄妹
兄ちゃんのリチャードがピアノを弾いてね曲作って
で妹のカレンが歌を歌っていると
でも元々ねぇ、二人…トリオだったんだよね
トリオでインストバンドやってたの
ほんとは歌ってなかったんだよ
で、ドラムを叩いてた訳ね、カレンが
で、このドラムがめちゃくちゃうまいの
でぇ、半分以上の曲がカレンがドラムを叩いていて
叩きながら歌っているライブ映像とかもあるんだけど
めちくちゃウマイ
そしてですねこの二人
顔も見たことがない人もいるかもしれないけども
かなりの美形、背がスラっと高くて
ブロンドでね、カレンも超キレイで
目もぱちっとしてて
けどねぇーまぁカッコがダサい!
で当時からやっぱりもぅ
その当時ロックも生まれていた時代だから
60年後半69年とかねそれくらいにデビューしたんだけども
もうビートルズもいたしローリングストーンズとかもいたから
中にはあいつらなんか、だせーよ!みたいなね
言われていたんだけれども
実際にねカーペンターズの二人も
かなり気にしていたらしくて
お兄ちゃんのリチャードなんかは
「僕はそんなまじめ人間じゃないんです」
そーゆーこと言っちゃう自点でね、まじめすぎると
思うんだけれども
なんかね
非常に音楽の才能に溢れていた二人でね
このお兄ちゃんが曲を作るんだけれども
まーこぉーアレンジもね一人でやっちゃって
ピアノだけじゃなくて、聴いてもらってるように
いろんなハープが入ったりとか
ストリンクスが入ったりとか
そういうオーケストレーションとかさぁ
ポップミュージックに
こんなに豊かにしたのは、多分ね
リチャードの功績がデカイんじゃないかなと
今でここぅポップミュージックで
ストリンクスが入ったりする
でもねぇ、こん時は画期的だったんですねぇ
で、あいつらイモっぽいよ、なんて言われることもあったけども
やっぱりこの素晴らしい天使のような歌声
そして良質な楽曲で
どんどんどんどん成功をおさめていきます
ビルボードナンバーワンにも輝いてね
トップグループになっていくわけ
そしてですねぇ、カーペンターズ、良質な楽曲がたくさんあるから
それをカバーする人もね、現代でも後を絶たない
最近ではCMでねぇ
聴いたことがあるんじゃないかなと思うんですけれども
日本では少年ナイフっていうバンドのみなさんがねぇ
カーペンターズの曲、カバーしておりますねぇ
そして、今日はなんとボーカルのナオコさんからコメントを
頂戴しているというねぇ
曲のアレンジ秘話なんかも聞いちゃったので
よかったら曲と一緒に聴いてみてください
どーぞっ

(Top of the World note 少年ナイフ)

 「小学生位の時に来日してて
小学校の友達はけっこぅみんなカーペンターズが好きで
そん時は全然興味がなくて
もっとロック的なものが好きで
えーみんなこんな生ぬるい音楽聴いてナニ?
とか思ってたのに
大人になったら
こんな素晴らしいポップなメロディーって
ないじゃないかと思って
考えが変わった・・・そんな次第です。

少年ナイフがカバーした
Top of the Worldのアレンジなんですけど
アタマのところが著作権的には問題ないんですけど
大阪市の御堂筋線の地下鉄の
電車が入ってきたっていう知らせの音なんですけど
あんま具体的には言えないような状況もありまして
スミマセン・・・

それは世界中の人に
ちょっとその~メロディーが頭にあって
大阪に来たときにピンときて、そいで
大阪を広めたいと思ったからなんですけど
なんやったっけ、最近、なんかのコマーシャルで
ナイフのこのバージョンが使われて
アタマのところが鉄道の音に似ているというので
ちょっとどういうこと?とか言われたけど
調べたら全然それは使っても問題ないってことなんですけど
なんかややこしいから
もう言わんとこと思って・・・スミマセン・・・」


はいっ、ということで
少年ナイフの、ナオコさんからコメントをいただきましたぁ
ねぇ、聴いたことあるでしょ?CMでもこの曲
いやぁ…少年ナイフの皆さん実はね俺ねぇ
ROCK'A'TRENCH山森大輔!何を隠そう
生まれて初めてチケットを買って見に行った
ライブなの、が少年ナイフ、そぉ・・・
スゴイ荒々しいサイコビギーのバンドと対バンしててねぇ
もぉモヒカンやら鋲ジャン(びょうじゃん)野郎やらの中にねぇ
少年ナイフの3人が出てきてねぇ
ザゴーン!!っつってねぇ
狂惑なロックをかましててねぇ
人生初ダイブをしたバンドで
今日こうやってねぇ、コメントをいただけるなんてねぇ
めちゃめちゃ嬉しいよぉ~
ありがとうございますっ、ナオコさん!


ということでねぇ、現在にも
愛されるカーペンターズなんだけれども
ヒットも飛ばしてね、スターになっていく訳
でなっていくとやっぱりね、受けプレッシャーもすごく大きくなって
いろんな批判とかやバッシングとかもね
服装がイモっぽいとかね・・・いつまで言われるんだみたいな
ことも言われるしぃ
やっぱりね
兄と妹でやっているこのグループ
お兄ちゃんのリチャードがほんとこぉ
才能のあるミュージシャンなんだけれども
やっぱりこういう風にありたい
カーペンターズはこういう風に見せたいとかね
あんまりきわどい大人の愛の歌は歌ってほしくない
とかそういうのもあって
カレンのソロプロジェクト
録音も終わったんだけどやっぱり出さないでくれって
言ったりとかね
凄く愛が強いゆえに、なんかね
葛藤もたくさんあったみたいなんだよね
で、カレンはプライベートで結婚もして
それでね幸せになっていくかなーと思われたんだけども
やっぱりそこでねぇ、結婚もうまくいかなかったりとかして
そこで精神のバランスを崩してしまう訳です
でその結果、長年ね拒食症をわずらっていたんだけれども
若い頃はふっくらしていて、太った妹の方なんて書かれてね
それを気にして
どんどんどんどん拒食症になっていったんだけれども
それがねとてもひどくなってしまい
1983年2月4日拒食症により
亡くなってしまいます。
で、こうやってねぇアーティストとして
音楽にものすごい人生を捧げた人だと思うんだよね
スターとして生きていく大変さも、立ち向かって行ったと思うし
結果としてすごく繊細な人だったから
精神のバランスを崩して
そういう摂食障害になってしまって
命を落としてしまったんだけれども
ほんとにこぅ、なんだろう…前回も紹介したBob Marley
全くやっている音楽は違うんだけれども
ホントに音楽のために人生を燃やしてね
駆け抜けた人っていう意味ではね
すごくね共通すると思う!
俺はパンクロックとか荒々しい音楽が大好きなんだよね
あのグランジのカート・コバーンとか大好きなんだけども
ほんとにねぇ同じ様な人生を駆け抜けた人なんじゃないかな
と思う訳です。

じゃそれではですね
TFMからお送りしております、音楽の祭典ROCK'A'STOCK!
ここで生演奏をお届けしたいっ!
今日はね、カーペンターズ特集ということで
俺の一番大好きなカーペンターズの曲を歌いたいと思います
やる曲はですねぇ「Yesterday Once More」
これねぇ…好きな人多いんじゃないかなぁっ
俺もねぇ凄い大好きで
昔からねぇよくねぇ歌ってましたよ
普段はねギターで歌うことが多いんだけどもね
今日はねピアノで頑張って!お届けしようかと思っておりますぅ
じゃ聴いてください
ROCK'A'TRENCHボーカル山森大輔のカバーで
「Yesterday Once More」

カーペンターズ note 「Yesterday Once More」
                         〔STUDIO LIVE〕)

TOKYO FMからお送りしています
ラジオの中の音楽の祭典ROCK'A'STOCK!
第2回そろそろエンディングのお時間です
今日はね、カーペンターズ特集ということで
でも今日かけた曲以外にも、めちゃくちゃいい曲たくさんあるからぁ
是非是非気になった人はですね、CDをチェックしてもらいたいっ
え~この番組ではね
感想や取り上げてほしいアーティストなどあれば
ROCK'A'STOCK!のアドレスstock@tfm.co.jp
まで送ってくださいっ
ストックのつづりはS・T・O・C・K
ジャンジャンお待ちしておりますぅ
そしてですね、このROCK'A'STOCK!のね
メルマガがね、ありますよ皆さん
TOKYO FMの携帯サイトミュージックビレッジから
TOKYO FMの携帯公式サイトからアクセスして
是非是非9時からね、この後すぐ配信されるからね
登録の方よろしくお願いしますぅ
そして我々ROCK'A'TRENCH
今ね、全国ワンマンツアーの真最中ということで
え~東京ではね11月の5日に赤坂BLITZで
これはもぉやばいライブをね、お届けするのでね
是非是非まだねぇROCK'A'TRENCHのライブを
体感したことのない人は遊びに来てください!
ということでね、第2回のROCK'A'STOCK!
最後に聴いてもらうのはROCK'A'TRENCHの曲で
「君の瞳と」という曲です
今日特集したカーペンターズね
やっぱりこぉ、音楽で人生を駆け抜けた人物
ほんと音楽をよくするためには手段も選ばなかった
楽器もなんでも使うしね
なんかこ~、優しく心にスッと入る音楽を作ることにね
命を燃やしたアーティストです
なんかねそういうのが俺もすごく影響を受けてて
だからロックバンドだけどね、別にブラスもを入れるし
ストリングスだって入れるしねぇ
ほんとその楽曲がキラキラ輝くためにはねぇ
自分の持ってるアイデア・チカラ全部を注ぎ込むという
そういう姿勢をねぇ、学んだような気がしております
そんな影響を受けて作った曲です
「君の瞳と」という・・・聴いてください
それではまた来週
ラジオの中でお会いしましょう
お相手はROCK'A'TRENCHボーカル山森大輔でしたっ
またねっ!

  

  

 

  

  

  

 

| | コメント (4)

2009年10月11日 (日)

なんばHatch 20091011

なんばHatch 20091011
 ROCK'A'TRENCH ワンマンライブ なんばHatch
“Steady Rock vol.5“〜RE-ACTION! TOUR 2009〜
 新幹線で新大阪に到着。

まずは、山森さんがこの一年、二週間おきに通ったFM802なんばHatch 20091011
そして、二週間前にStreet Liveをした
‘天神橋筋商店街’を、ちょっと眺めに行ってまいりました。なんばHatch 20091011

 10月2日“ROCK'A SHOW”ワンマンライブ赤坂が延期になり
本日の、大阪なんばHatchが…
私にとってのROCK'A'TRENCHワンマンライブデビューと
なったのでした。

初めてのROCK'A'TRENCHワンマンライブ
初めての‘なんばHatch’
整理番号‘A11’!
開場しエスカレーターを上がるも
会場は、どちら?ステージの向きは?
ドリンクも受け取らず…とにかくステージを目指す!
左右どちらに向かうか瞬時に判断出来るように…
脳内シミュレーション dash
あら?前方の10名は…ヒロさん側を埋め
ラッキー flair センターがあいております。
山森さんの真ん前へ、まっしぐら heart02
夢の“ワンマンライブ最前列”
山森さんのマイクを、じーっと眺め
天井を仰ぎ、感激でウルウル
山森さんが語るように…夢が叶ったのでありました shine
ステージの隅には、気になる楽器が… eye

 ほぅ…ウワサ通り、なんばHatchは音がイイ notes

オープニングは『JUMP STAR』
ROCK'A'TRENCHに出会った、この春
FM802で毎日、毎日流れたこの曲を
FM802のお膝元!大阪のライブで聴けるのは感慨深い
10月6日ROCK KIDS 802の1曲目にて
久しぶりにFM802から流れたこの曲
まだ観ぬROCK'A'TRENCHの姿を想い
わくわくしていた頃を思い出す cherryblossom
私にとって、夏フェスで一番‘ロック魂’を感じた曲

本日の山森さんのTシャツは flair
「OH!RADIO」のレコーディングの時の shine
そのTシャツで歌う姿、私のPCディスクトップ画像なんです heart04

 夏フェスも大満足な日々でしたが…
ワンマンライブは、聴いても聴いても
まだ聴ける!歌ってもらえる!

こんなに楽しく、しあわせなことってあるんですねぇ。

アンコール登場時には
山森さんが、9月27日MUSIC FREAKSリスナーに向けて
届けてくれた『またね!』をワンフレーズ披露
一緒に口ずさめ嬉しさ倍増

‘さよなら’の言葉は 今は言わないで
‘またね!’って笑う方がずっと 僕ららしいだろ
だから君もその涙 流さないで
ラジオから聴こえる 僕の声を忘れないで

― Set list ―
1.JUMP STAR
2.真夏の太陽
3.Higher
4.好きなんだBaby
5.LOST
6.No Remedy
7.コトノハ
8.Secret of the night
9.カクメイノウタ〜Diggin'〜
10.Every Sunday Afternoon
11.ヒートアイランド
12.ニューウーブ
13.Spit!
14.My SunShine
15.砂の風に乗って
16.ランナーズハイ

EC
17.またね!(ワンフレーズ)
18.暁〜あかつき〜
19.South wind
20.Don't Stop The Music

『またね!』のあと
birthday 『Happy Birthday』みんなで歌えて…嬉しかった heart04

 なんばHatchにて、声をかけてくださった
ROCK'A'FRIENDSの皆さま clover
一緒に楽しいひとときを、ありがとうございました confident
また輪が広がりました、感謝 clover
そして、この“陽だまり”の存在に…
直接「ありがとう」と、伝えていただき
とっても嬉しかったです heart04
お役に立つことがあり、ホント良かったです。
生きてて良かった dash
頑張っていれば、楽しいことは必ずある dash
そして、夢は叶う clover

 次のROCK'A'TRENCHワンマンライブは仙台 notes
仙台CLUB JUNK BOXに集まる‘ROCK'A'FRIENDSの皆さま’
また一緒に楽しみましょうねっ rock

   

 

 

| | コメント (6)

2009年10月 7日 (水)

もう中学生ギャグアート展に行ってきました。

もう中学生ギャグアート展
 『もう中学生 幸せになる ギャグアート展』
魅惑のワクワク sign01 もう中の世界 sign03

10月1日(木)から10月13日(火)
渋谷パルコ パート1/6階にて開催中

“もう中学生”初のギャグアートの展覧会
もう中学生ギャグアート展
 ネタでお馴染みのダンボールキャンバスや
衣装、秘蔵写真、ご幼少の連絡ノート
ちょっと前の家計簿など
もう中学生の生活ぶりも、ちょっと感じられます。
もう中学生ギャグアート展
「少々お待ちを…」と
担いで来るダンボールキャンバスの重さを
体験できたのは感激でした shine
もう中学生ギャグアート展
もう中学生ギャグアート展
そうそう…少々お待ちを…の、鳥さん
向かって左が‘チュン太郎’
右が‘チュン次郎’って名前があるんだぁ chick
それぞれ、性格や好みが書いてありました。
…けど、何も覚えていないっ coldsweats01

‘もう中学生グッズ’
もう中学生ギャグアート展
クリアファイル・缶バッチ・ペンセット
その他、ステッカーや20枚セットのポストカードもあります。

会場限定 sign02
‘チュン太郎’‘チュン次郎’の『チュンサブレ』 chick
もう中学生ギャグアート展

電車好きなので、置いてもらったと・・・ train
ここのみ、記念撮影可能です camera
もう中学生ギャグアート展

やはり flair もう中学生は、天才だと思います smile

日頃の忙しさ忘れ、ゆっくりのんびり…1時間以上
“もう中展”癒されました clover

『ためになったねぇ…ためになったよぉ… wink

 

| | コメント (0)

2009年10月 4日 (日)

ROCK'A'STOCK 20091003

 『ROCK'A'STOCK!』
(Dick Dale & The Del Tones note‘Misirlou’が
流れる中スタート slate
 TOKYO FMからお送りしています
‘ラジオの中の音楽の祭典、ROCK'A'STOCK!’
はじめまして!パーソナリティーを務めるのは
“ROCK'A'TRENCHボーカルギター山森大輔”です。

今日はねっ、10月3日は記念すべき第1回目ということで
ちょっとこの番組の趣旨をお話したいと思うんだけども
この現代、日本にねっ星の数ほど音楽があふれていますよっ
その中でねぇ…どれを聴いていいんだろうか?と
はたして今の自分に必要な音楽はどれなんだろうかと
悩んでいるみんなも多いと思う!
そこでね、山森大輔がですねぇ…
「“君のルーツ”となるよっ!この音楽が!
君の血となって肉となって毎日を支えてくれる音楽だよっ!」
という、間違いない!という音楽をねぇセレクトして
その魅力をお伝えしていこうという、そういう番組。
“君のルーツ”となる音楽をこの番組の中で見つけてほしい
という…そういう番組であります。

あのねぇ…音楽はねぇ
‘7つの音階で出来ている世界共通語’なんてねぇ
いう言葉があるけれどもさぁ…
ホントそう思うんだよねっ!
時代も越えるし、国境も越えるし
肌の色も、言葉の違いも越える
それでもって…人間の心をねっ、人生を動かす力がある!
そういう芸術だと、俺は思っている訳です。
何を隠そう、この!しゃべっている山森大輔、えぇー
私自身、音楽に人生を変えられた一人な訳だよ。
なんか毎回さぁ…いろんなうまくいかないこととか
人生ねぇ、俺もたくさんあるんだけれども
そういう時にねぇ、必ず音楽がそばにいてさぁ…
大好きなミュージシャンの、大好きなメロディーと言葉がねぇ
俺を支えてもらってねぇ…その恩返しをしたい!
という意味を込めて
えぇ…素晴らしい!僕の知っている素晴らしい音楽をねぇ
ドシドシ皆さんにお伝えしていきたいとなぁ
というお時間でございます。

お付き合いよろしくねっ!ということで!
番組1発目の曲をお送りしよう…
まずは僕らの曲を聴いてください。
ROCK'A'TRENCHで note 「My SunShine」

 お送りしているナンバーは
ROCK'A'TRENCHで「My SunShine」

TOKYO FMからお送りしてます
‘音楽の祭典、ROCK'A'STOCK!’
第1回目ということで、このパーソナリティー私
山森大輔所属する“ROCK'A'TRENCH”についてもねぇ
自己紹介したいんだけれども
ROCK'A'TRENCHとは、そもそもどんなバンドかと言いますと
5人組のロックバンドで、俺がボーカルで
ギターが豊田ヒロユキ、ベース河原真、ドラム オータケハヤト
そして、トロンボーン・キーボード・サンプラーetc.をこなす
マルチプレーヤーの畠山拓也の5人でやっているバンドです。
でぇー、そもそも結成のきっかけはねぇ
俺とトロンボーンの畠山がもともと“SKA SKA CLUB”という
インディーズでスカコアバンドをやっていました。
12人のバンドだったんだけどもねぇ…
でぇーそれが活動休止になってしまって
もう一回ねぇ、1から…
1からじゃない!0からバンドをやりたいなぁと思って
えぇー2005年位に始めたバンドですねぇ。
でっ、2006年になって今の5人が勢揃いして
2007年にメジャーデビューしました。
んーまぁ、基本的に音楽が好きな男子中学生みたいなねっ
そういう5人組
音楽の話をするときだけ、ちょっと真面目になる…みたいなっ
そういう5人組のバンドであります。

でねっ、今僕たちROCK'Aの曲が流れているんだけれども
我々ROCK'A'TRENCHにもねっ
音楽を始めたきっかけの曲というかねぇ
このROCK'A'TRENCHというかバンド名の由来となった
アーティストがいます!
それはねぇ“Bob Marley”!
うん、知ってっかなぁ?
ジャマイカのレゲエの神様と言われている
Bob Marleyの「Trench Town Rock」っていう曲が
あるんだけれどもねぇ。
その曲の歌詞がねぇ…
「一度音楽がなったらもう、痛みは感じなくなるんだ!」
そういうメッセージで
ちょうど俺が、もう一回さぁバンドを始めたいと思ってた時に
いろいろこてんぱんに打ちのめされるような
出来事がたくさんあったの、人生で!
まぁ失恋したりとかさぁなんかこうーねっ
いろいろあったんだけども…
そういう時に、この曲が流れて来て
なんかもう一回立ち上がって走ってみたいなぁと
思わされたんだよねっ。

この曲の魂を受け継ぐような、そんなバンドをやりたい!
ということで…Trench Town Rockをもじって
“ROCK'A'TRENCH”そういうタイトルに
そういうバンド名にした訳でございます。
ということで、ROCK'A'STOCK!
第1回目の今日は
“Bob Marley”そして、レゲエミュージックについて
お届けしたいと思います。

ではまず
僕らROCK'A'TRENCHのバンド名の由来となったこの曲
聴いてちょうだい!
“Bob Marley”で note 「Trench Town Rock」

 あのねぇ、まぁBob Marleyがどういう人だったかっていうと
イギリスの軍人が父ちゃんで、でジャマイカ人のお母さんとの間に
生まれたハーフなんだけれども
すごい小さいから貧乏なねぇ、生活をしてて
でこぅ、自分が誰なんだろぅみたいなことを
ずっと悩んでたらしいんだよね。
でぇ!そういうところから、この環境から抜け出したいとか
この今のこの体制って合ってるのかなみたいなそういうねぇ
反抗的な反体制的なねぇ、精神を持った曲を作り始める
ようになる訳よ。
でぇ、ただそうかと思えば、すごくねぇ、なんだろなぁ
こぅ人生とか人類に対するこぅ愛を持っている人
こぅ優しい人なんだよね。
苦しいこと悲しいことを、一緒に乗り越えようよ
みたいなことを一緒に言ってくれるアーティストです。
だかろこのTrench Town Rock、さっきも言ったけれども
歌詞でね、音楽のいいところは
そいつに撃たれても苦痛を感じないところさ
オレを音楽で撃ってくれ・・・うん・・・

この頃ジャマイカはさぁ、内戦ですごくね抗争があった訳
でも銃弾で人を打つんじゃなくて…
音楽で撃ったらもっといいことがあるよ!
そういう風にね言ってる曲。
そしてですね、私ロッカ山森大輔とBob Marleyの出会い
なんだけれども
えー、10代の頃ね、俺は普通にいろんなロックとかパンクとかが
好きでバンドをやっているようなバンド小僧だったんだけれども
自分の好きなねぇ、ロックバンドがレゲエの曲をね
やっている曲があって、すごくカッコよくてね
何だろこのリズムすげぇ変わってんなぁ?
って調べてみたら
これはなんかジャマイカの音楽に影響を受けているんだよ
っていう風に、書いてあって
じゃそのジャマイカの音楽を聴いてみよう、調べてみようと思って
一番有名なのは誰だって言ったらBob Marleyだっ
う~んじゃちょっと調べてみようかなーと思って聴いたところね
ぶっ飛んだね、歌詞がね、とにかくストレート!ドギツイ!
でジャマイカはさ、あのー英語が母国語っという訳ではないからぁ
まぁ英語もね、公用語なんだけど
ちょっとつたないところがある
でもそれがね逆にすごくね
母国語の英語の人よりも、もっとストレートでねぇ
やばい歌詞を書いてくれる訳です
これはやばいなって思って、歌詞にまず撃たれて
その後にこの今ね聞いてもらっているこの「ONE LOVE」
この曲みたいなね
気持いいグルーブ、バックビートっていうんだけど
こういうビートにねぇ、魅力に気付いて
それでどんどん好きになった訳ですねぇ。
ちなみに今流れている「ONE LOVE」なんだけれども
これもすごい曲で
ひとつの愛、ひとつの心・・・
それがあればみんな繋がっていけるぜ!みたいなね。
すごいですよ18歳のときにね
そんなこと俺考えてたかなって思うんですけども…
でもずっと変わってないなと思うのは
Bobはホントに
人類はずっと繋がっていける動物なんだよ!
放っといたら戦争してるだけの生き物じゃないんだよ!!
っていう風にね
「限りなく前向きな男」ジョンレノンもそうだったと思うけど
笑ってしまうくらい、前向きな男!
そこが俺がBob Marleyの好きなところです。


 「友達にイギリス系のパンクが好きなのがいて
そっち系でレゲエが入ってきたんじゃなかったかなぁと思う
レゲエ(reggae)って言葉も定着してなかった
レガエって言ってる人もいた
その方が読めるんじゃない?アルファベットで
当時はねぇそう言っている人が多かった・・・
          (中略)
・・・会場ねぇ、明らかにハイになっている人達がいたね
いや、すげーところに来ちまったなっていう感じ?
もぅね香りが、フレンチタバコのにおいだったの
かもしれないんだけど、でも香りってのは大事だよね
それこそ生で行った人じゃないと
香りまではわからないもんねぇ」


・・・とういう事で
1979年4月10日中野サンプラザで日本で1回だけ行われた
Bob Marleyの来日コンサートに
実際行った鈴木さんからのコメントを聞いてもらいましたぁ。
面白いねぇ、その前にみんな鈴木さんて誰?って
みんな思ってるかもしれないけど
でね、俺ね、鈴木さんの他にも何人かね
そういうBob Marleyのライブ俺、観たんだぜ!って
人に会ったことあるんだけど…
みんな口々になんか
「とてもハッピーな、においがしたぁ」って言ってますねぇ。
何のにおいか僕わからないけどね。
1979年って言ったら俺まだねぇ…
生まれた沖縄でヨチヨチ歩きだったからねぇ。
この来日コンサートもちろん見れてないっ。
でもこうやってね、話を聞けるとね、ちょっと雰囲気が
伝わってねぇドキドキするね。
でしかもね、Bob Marleyは、ライブが本当に素晴らしいんです!
色んな映像とかライブ音源、ヤッバイのがねぇ
たくさん残ってるからね!
ぜひぜひ、そっちの方もみんなチェックしてほしいと思いますっ。

ということでね、ここで私、山森大輔
えーこの素晴らしいルーツミュージックをですねぇ
僕の歌で今度はみんなにね届けたいなぁーと思って
ギターを用意してまいりましたぁ~。

今から僕がカバーしようと思うBob Marleyのナンバー
「REDEMPTION SONG」っていう曲を歌いたいと思います
このREDEMPTIONというのはね
罪に対する贖(あがな)いとかね
救いとかそういう意味なんだけれども
この曲のテーマは、アフリカから連れ去られる奴隷のテーマ
こぅ奴隷商人のね、船の底にいる主人公
でもこっから俺は負けないんだぜ、不屈の闘志で
この二本の神様からもらった腕で
人生を未来を変えていくんだみたいなね、そんな歌なんだよね
この曲もねぇ、ほんとに俺が辛かったり打ちのめされたときにね
力をくれたナンバーです!
今日はROCK'A'STOCK!歌いたいと思いますっ!!

Bob Marley note 「REDEMPTION SONG」 〔STUDIO LIVE〕)


 今日はねぇ、Bob Marleyレゲエ特集で
お送りしているんだけれども…
さっきもちょろっと言ったけれども
“ROCK'A'TRENCHボーカルギター山森大輔”
レゲエミュージックに出会ったのはねぇ

そもそもねぇ…
いきなりBob Marleyに出会った訳じゃあ無いんですねぇ
俺が大好きだったロックとかパンクのアーティスト
たとえばねぇ
僕はねぇ90年代のパンクロックをたくさん聴いてたから…
NOFX(ノーエフェックス)とかRANCID(ランシッド)とか
OPERATION IVY(オペレーションアイヴィー)とか
そぅSublime(サブライム)とかねっ!
そういうバンドを聴いているうちに
もっと70年代のパンクロックのバンド
パンクとかニューウェーブのバンドねっ
The Clash(ザ・クラッシュ)とか、The Police(ザ・ポリス)とかねっ
バンドを聴いていくと、どんどんレゲエに影響を受けた曲が
たくさんある!
でぇー、その大元の神様と言われてる男は
どれほどのもんだー!!と思ってねぇ
探ってみたら…どひゃーっと!!
今では一番、人生を変えられてしまったねっBobにねっ!
という感じになっているので
やっぱり音楽は、人がやっているものだからさぁ…
いろんな影響を受けて
点じゃないんだよっ!
ある日突然、天才が生まれるんじゃ無くて
いろんな天才の影響を受けて次の時代の音楽が生まれる。
過去から現在まで繋がっているっていうのがねぇ
また音楽のおもしろくて深いところだと思います。
そういうことをねっ、まだまだ‘音楽の祭典、ROCK'A'STOCK!’
バシバシ伝えていくので
ぜひぜひ、これからもよろしくお願いします。

 ではですねぇ、ここで!ROCK'A'TRENCHが具体的にねぇ
このレゲエに、どうやって影響を受けたか…
俺もねぇ、レゲエも好きだし、ロックも好きで
それをねぇ融合させたような音楽をねぇ創り出したいなぁ
と思ってねぇ…やっている部分もあります。
そういうロックとレゲエの融合を強く意識した曲があるから
聴いてみてください…

ROCK'A'TRENCH note 「砂の風に乗って」

 TOKYO FMからお送りしています
‘ラジオの中の音楽の祭典、ROCK'A'STOCK!’
そろそろ、お別れの時間です。
第1回目の今夜はねぇ…
Bob Marleyそして、レゲエミュージックについて
その魅力をねぇ…お伝えしていきましたけれど
どうだっかなぁ?興味持ってもらえたかなぁ?
この番組ではねぇ、そういう…
“君らの人生ルーツ”とねっ!
根っことなって、幹となってもらえるような
曲とミュージシャンをガンガン特集して
お伝えしていくのでねぇ
これからも、毎週聴いてちょうだい!!
俺もなんかねぇ、こうやって改めて聴くことでさぁ
やっぱ、ホント自分のルーツはここにあるなぁ…と
再認識できたし、これからねぇまた新しくねっ
そういうルーツとなるような音楽に
出会っていきたいと思っている訳ですよっ!

ということでねぇ…皆さんのねぇ、
これを特集してくれみたいなねっ。そういうのをねぇ
メールで送って欲しい!
アドレスはstock@tfm.co.jp

それでは、ここでちょっとお知らせ。
ROCK'A'TRENCHの新番組‘ROCK'A'STOCK!’
始まっていますけれども
なんとTOKYO FMの携帯サイト『MUSIC VILLAGE』ではねっ
メルマガの配信が始まりますよぉー!
毎回番組放送終了後に
放送ではねっ、語りつくせなかったこととか
収録秘話なんかを書いて、あなたのケータイに、お届けします!

くわしくは、TOKYO FMの公式携帯サイトから
『MUSIC VILLAGE』をチェックしてみて
ドシドシ!登録してちょうだい!

でっ、我々ROCK'A'TRENCHワンマンライブが東京であります。
日にちは、11月5日木曜日、場所は赤坂BLITZ。
あのねっ、日付がちょっと変更になったりとかした部分があるので
くわしいことは、ホームページでチェックしてみてちょうだいっ!
よろしく!!

ということで、‘ラジオの中の音楽の祭典、ROCK'A'STOCK!’
第1回目をお送りしました。楽しんでもらえたかなぁ?
俺は、スゲェー楽しかったです!!

また来週、お送りしましょう。

お送りしたのは…
“ROCK'A'TRENCHボーカルギター山森大輔”でしたぁ
またね!バイバイ!!

  

  

 clover “FM802「MUSIC FREAKS」リスナーの皆さま”
先週までは、一緒に“MUSIC FREAKS”を楽しませていただき
ありがとうございました confident
そんな感謝の想いを込めて、したためてみました pen
山森さんの声に変換しながら、お楽しみください confident

来週からは、遠征が続きますので notes
文字起こしは、今回だけになるかもしれませんが sweat01
『ROCK'A'STOCK!』は、こんな感じの番組なんだなぁ…と
雰囲気を感じていただければ、嬉しいです clover

来週末は、なんばhatch notes に、おじゃまします rock
どうぞっ、仲よくしてやってくださーい wink

 

 

  

  

| | コメント (6)

もう中学生 ギャグアート展 in 渋谷パルコ

もう中ギャグアート展in<br />
 パルコ
 『もう中学生 幸せになる ギャグアート展』 art
魅惑のワクワク sign01 もう中の世界 sign03

10月1日(木)から10月13日(火)
渋谷パルコ パート1 6階にて開催中 art

放っておけない存在 sign02
“もう中学生”初のギャグアートの展覧会 shine

ネタでお馴染みのダンボール小道具や衣装など
公開されているとのこと。

 今日は、名古屋に行く予定でしたが…
渋谷の“もう中展”に行って癒されてきます clover

『ためになったねぇ…ためになったよぉ… wink 』 

   

 

| | コメント (0)

2009年10月 3日 (土)

Happy Birthday 山森さん

Happy Birthday  山森さん
 本日、10月3日は
ROCK'A'TRENCH山森大輔さん31歳の誕生日 birthday

『山森さん heart04 …31歳のお誕生日おめでとうございます confident

赤坂&名古屋で「おめでとう」は
伝えられなくなりましたが…

直接伝えられなくても…
想いは変わりません!

きっと、みんなそうです。

この想いを、福岡で届ける人…
大阪で届ける人…

 今日は、恒例の sign02
主役不在の“Birthday Party”birthday
Happy Birthday  山森さん
今回も sign03 ‘特製お誕生日ケーキ’を造っていただきました。
「洋梨のシャルロット」にございます shine
Happy Birthday  山森さん
繊細な飾り付けを、ありがとうございました。

さぁ‘Birthday Cake’をいただきまーす delicious
Happy Birthday  山森さん

こんなにステキなケーキ…
本当は、山森さんに届けたいですが
ナマモノなので、すみません coldsweats01
いただきます delicious

 flair 今日は、20:30からTFMにて
新レギュラー番組スタート slate

そしてぜひ、10日のなんばhatchで「またね!」
聴かせてくださーい clover

| | コメント (2)

2009年10月 2日 (金)

BUMPからのクリスマスプレゼント

 BUMP OF CHICKEN、2年振りのシングル発売決定の
発表から早くも2日間が経ち…
次々といただく「新曲発売喜びメッセージ loveletter
ありがとうございます confident

ここ最近は、いろんな方々に
BUMP情報を教えてもらってばかりですが… coldsweats01
それでも“陽だまり”に遊びに来てくださる方々に…感謝 clover

BUMPファンひとりひとりの喜び heart04
あふれる嬉しい気持ち&笑顔 happy02
“陽だまり”想いを届けていただき
こみ上げる嬉しさを、私にわけていただき
本当にありがとうございます confident

そして、BUMPの皆さま clover
寒くなる前に、新曲を届けてくれて
ありがとうございます notes

 この春、FM802のSPECIAL WEEKにて
人生の sign02 ひとつの方向転換のきっかけとなる人に
出逢って heart02 しまった、私です…

 すっかり秋ですねぇ maple
コスモスが咲き、柿の実がなり…
外に出ると、様々なBUMP Songが
notes 脳内自動再生される、この季節 maple

snow ‘スノー スマイル’も、もうすぐ。

 FM802では、10月19日~25日
“FUNKY 802 SPECIAL WEEK”
があります。

FM802のSPECIAL WEEKは、もう一年以上?
毎回BUMP OF CHICKENからのメッセージがあり

今回、BUMPの皆さまの参加はまだ発表されてはいませんが
新曲の発売もあり、期待大 dash

詳細の発表が楽しみです clover

  

  

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »